2020年代を代表する大ヒット恋愛映画『花束みたいな恋をした』の製作プロダクション・リトルモアが贈る、映画『はい、泳げません』は、泳げない男と泳ぐことしかできない女の、希望と再生の物語。NHK大河ドラマ「麒麟がくる」以降、初の主演作品となる長谷川博己が、頭でっかちな言い訳ばかりするカタブツな哲学者・小鳥遊雄司(たかなしゆうじ)を演じ、そんな主人公に水泳を教えるコーチ・薄原静香(うすはらしずか)を綾瀬はるかが演じる。

この度、140秒予告映像が公開された。

小鳥遊雄司と薄原静香のコミカルなやりとりの楽しさが大きな魅力の本作。しかし140秒予告映像では、小鳥遊の抱える喪失感やある過去の出来事にも触れられる。泳げるようになればなるほどに蘇る悲痛な記憶に苦悩しながらも、それでも泳ぐことを諦めず、大切な人のためもう一度前を向こうとする小鳥遊の姿を本編から切り取った、エモーショナルな映像。

「水泳はすごいんです。素晴らしいんです!私は小鳥遊さんにもあの喜びを感じてもらいたいんです!」厳しくも温かい目線で、小鳥遊が泳げるように導いていく薄原コーチのもとでぐんぐんと成長していく小鳥遊はついに息つぎができるようになり、シングルマザーの恋人、奈美恵とその息子に「海に行きたい!」と言われても満更でもない表情を浮かべるまでに成長。ますます水泳にのめり込んでいく。

長谷川博己 が“人生の回復の手助けになるような映画になればいいな”と語る 映画『はい、泳げません』140秒予告映像が公開

しかし、「怖いんです。思い出すのが」という小鳥遊の脳裏に浮かんだのは、「お父さん!」と呼ぶ息子の声と水の中に紛れていく息子の後ろ姿なのだった。御徒町凧が作詞、森山直太朗が作曲を手がけLittle Glee Monsterに提供したバラードナンバー「生きなくちゃ」にのせて、かつて夫婦だった小鳥遊美弥子(麻生久美子)とともに、悔やんでも悔やみきれない出来事を消化できず、思いをぶつけ合う姿に胸をうたれる。

長谷川博己 が“人生の回復の手助けになるような映画になればいいな”と語る 映画『はい、泳げません』140秒予告映像が公開

夜のプールで「泳ぐのも怖い。思い出すのも怖い。僕は臆病で自分勝手な卑怯者だ!」と心の苦しみを吐露する小鳥遊に、コーチの薄原がかけた言葉とは‥‥。長谷川は、「雄司という人間を通して、この映画を観る人たちが自分の人生と何かを照らし合わせてくださり、人生の回復の手助けになるような映画になればいいなと思います。」と語る。

映画『はい、泳げません』は、6月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷 ほかにて全国公開。

作品情報 長谷川博己 が“人生の回復の手助けになるような映画になればいいな”と語る 映画『はい、泳げません』140秒予告映像が公開 映画『はい、泳げません』

物語は現代。大学で哲学を教える小鳥遊雄司は、泳げない。水に顔をつけることも怖い。人間と水の関係についての頭でっかちな理屈ばかりをこねて、水を避けてきた雄司はある日、ひょんなことから水泳教室に通い始めることになる。訪れたプールの受付で、強引に入会を勧めたのが水泳コーチ・薄原静香だった。静香が毎日教える賑やかな主婦たちの中に、体をこわばらせた雄司がぎこちなく混ざる。その日から、陸よりも水中の方が生きやすいという静香と、水への恐怖で大騒ぎしながらそれでも続ける雄司の、一進一退の日々が始まる。それは、ある理由で水をおそれることになった雄司の、苦しくも再生の日々だった‥‥。

監督・脚本:渡辺謙作

出演:長谷川博己、綾瀬はるか、伊佐山ひろ子、広岡由里子、占部房子、上原奈美、小林薫、阿部純子、麻生久美子

配給:東京テアトル、リトルモア

©2022「はい、泳げません」製作委員会

2022年6月10日(金) 全国公開

公式サイト hai-oyogemasen.jp