全世界で600億円超の興行収入をあげ、日本でも興行収入34億円超の大ヒットを収めた“見た目は赤ちゃん、中身はおっさん”の『ボス・ベイビー』など、数々の大ヒットキャラクターたちを生み出してきたユニバーサル・スタジオ×ドリームワークス・アニメーション。彼らが構想6年をかけて生み出した新作、映画『バッドガイズ』。

この度、日本版予告映像が公開された。

〈バッドガイズ〉は、権力者や富豪たちから華麗なテクニックで財宝を奪う5人の怪盗集団。先日、リーダーで泣く子も黙る天才的“スリ”のミスター・ウルフに尾上松也、“変装の達人”でラップが特技なシャークを長田庄平(チョコレートプラネット)、 “天才ハッカー”の毒舌ガール・タランチュラをファーストサマーウイカが、それぞれ日本語吹替版を担当することが発表された。そして、バッドガイズのメンバーに、安田顕、河合郁人(A.B.C-Z)の参戦が決定。シリアスからコメディまで何でもこなす変幻自在な安田は、ウルフの親友で、皮肉屋な”金庫破り“スネークを、そして今年グループデビュー10周年を迎えたる河合は、ラテン系肉体派の格闘と歌が得意なピラニアで映画声優に初挑戦。

ウルフ尾上、スネーク安田、ピラニア河合、シャーク長田、タランチュラファーストサマーウイカの5人のバッドガイズが全員揃った予告映像は、札束の入ったカバンを手に、空に飛び出すウルフとスネークの姿からスタート。パーティ会場に潜入したウルフはクールに指示を出し、タランチュラはキーボード早打ちでセキュリティを解除、シャークは上流婦人に変装し警備員を引き付け、スネークは排気口からお宝に接近、ピラニアはマイクを片手にシャウト?と、”盗めぬものはなにもない“と自信たっぷりなバッドガイズたち。しかしそんな中、予想だにせぬ世界危機が勃発。「お願い、力を貸して」と頼まれたバッドガイズたちは、世界を救ってしまうのか?忍者顔負けのアクションシーンやカーチェイスシーンなど、華麗でクールでセクシーな映像が続々。

全米で4月に公開されるや、2週連続のNo1ヒットを飛ばした、“最高にワルくてクールな<バッドガイズ>”の活躍に、日本でも期待は高まるばかり。7月1日(金)より『バッドガイズ』ムビチケ前売券も全国で発売が決定。購入特典として、ムビチケカード一枚ご購入につき “オリジナル・タトゥーシール”がもらえる(数量限定)。

【キャストコメント】

■安田顕
スネークは、皮肉屋でありながら、憎めない、誰もが演じたくなるキャラクターだと思います。残念ながら私の見た目はヘビではありませんが(笑)、そんなやり甲斐のある役柄を与えていただき、とても嬉しく、感謝申し上げます。子供から大人まで楽しめるエンターテイメントです。どうぞご期待ください。

■河合郁人(A.B.C-Z)
ピラニア役のA.B.C-Z河合郁人です。以前より、アテレコに非常に興味を持っておりましたので、信じられないほど嬉しかった事を覚えています。新たなジャンルのお仕事ですので、挑戦が出来る喜びの中で演じました。ピラニアは喧嘩っぱやく熱いのに、緊張するとある事をしてしまう愛らしい部分があります。和気あいあいとした中で、激しさや切なさ、そして、感動が渦巻く波瀾万丈な物語となっております。友人や家族、そして大切な人と是非お楽しみください。

作品情報 安田顕、A.B.C-Zの河合郁人が吹替版に参戦!映画『バッドガイズ』怪盗集団5人が揃った日本版予告映像が公開 映画『バッドガイズ』

世界中で指名手配されている伝説のワルい奴ら“バッドガイズ”は、泣く子も黙る天才的“スリ”のミスター・ウルフをリーダーとする怪盗集団。ウルフが率いるのは、皮肉屋の“金庫破り”スネーク、冷酷な“変装の達人”シャーク、短気な“肉体派”ピラニア、そして“天才ハッカー”の毒舌ガール・タランチュラ。あらゆる世界を騒がせてきたお尋ね者5人組が、いよいよ日本上陸。クール&セクシーに全世界のハートを奪う、伝説の超ワルたちがやってくる。

監督:ピエール・ペリフェル

吹替声優:尾上松也、安田顕、河合郁人(A.B.C-Z)、長田庄平(チョコレートプラネット)、ファーストサマーウイカ

配給:東宝東和、ギャガ

© 2021 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

2022年 TOHOシネマズ 日比谷他全国公開

公式サイト badguys.jp