2022年4月からスタートしたドラマ「ねこ物件」。人付き合いが苦手なものの、あることがきっかけで猫付きシェアハウスのオーナーになった二星優斗と夢を追う同居人たちの物語はたちまち人気に。そしてついに劇場版として新たなストーリーが動き出します。

主人公、優斗を演じるのは自身も猫好きで猫を飼っている古川雄輝。映画では、優斗の過去の出来事から自分自身と向き合っていく姿も映し出され、よりリリカルな物語へと昇華。ドラマにも登場した猫のチャーやクロの自由な行動が心を癒してくれる。今回は主演の古川雄輝さんに、劇場版の感想や猫好きである自身の性格について、そして作品との向き合い方についてもお話を伺います。

古川雄輝インタビュー 『劇場版 ねこ物件』はねこ好きな人の特徴を絶妙に描く 古川雄輝インタビュー 『劇場版 ねこ物件』はねこ好きな人の特徴を絶妙に描く

―― 劇場版の脚本を読まれてどんな印象を持たれましたか。

劇場版は急激にドラマ版の伏線を回収していくんです。ドラマ版では普通の日常が描かれているんですが、劇場版では起承転結が出てきます。今までのドラマ版では出てこなかった展開が出てきて、同じ作品なのですが癒し系+α解決版みたいなイメージです。   

―― 劇場版は、古川さん演じる【二星優斗】が一生懸命、人とコミュニケーションしようとする姿と共に自分と向き合う物語になっていました。

そうですね、凄い成長速度です(笑)。全く社会を知らなかった【優斗】がシェアハウスを始めて、人と触れ合って、LINE交換の仕方を覚えて、バイトもして、そして過去を知りたいと思って弟を探すところまでいく。そして最後は長井短さん演じる【広瀬有美】さんと恋愛的な発展がありそうな雰囲気まで出すようになる。凄く【優斗】が成長していくお話になっています。

古川雄輝インタビュー 『劇場版 ねこ物件』はねこ好きな人の特徴を絶妙に描く

―― 映画を観ながらちょっと人付き合いが苦手な人たちの背中を押すような作品にもなっているんですよね。

凄く良く出来ていますよね。自分もコミュニケーションが苦手なんですけど、人と触れ合うことが苦手な人は、動物好きが多いんです(笑)。本当に本当に猫が好きな人は、少し変わっている人が多いと思うんです。そういう特徴も絶妙に捉えていると思います。

―― 猫好きとしては共感だらけでしたが、猫が大好きな人は、どんなところが変わっていると思うんですか。  

変わっていないとあそこまで自分を愛してくれない生き物【猫】に愛情を注ぐことが出来ないと思うんです。猫好きな人は、基本的にイイ人というのはそういう部分です。自分を愛してくれない生き物【猫】に深い愛情を注ぎ、面倒をみることが出来る人はイイ人という意味です。

自分は首輪とリードに繋がれた犬を「こっちに来なさい」と言ってグイと引っぱる飼い主さんを見ると“信じられない。今、犬が何かしているのに”という気持ちについなってしまうんです(苦笑)。そういったことで、自分の中で猫好きは、猫の行動を邪魔しない、好きなようにさせるので勝手にイイ人だと思っています。この映画は、そんな猫好きの人の特徴も捉えていますよね。

―― 古川さんは、コミュニケーションが苦手とおっしゃっていましたが本当ですか。

苦手です。インタビュー取材とかは大丈夫ですけど、基本的に苦手ですね。実は人生で初めて受けた取材では、一言も喋らないで終わったんです。何を聞かれても、何を言えばいいのかわからなくなって、一言も喋れなかったんです。それぐらい苦手と言うかコミュニケーションが得意ではないです。今こうしてお話出来るのは、取材に慣れてきたからなんです。

―― どうやって克服をされたのですか。

克服方法は「変なことを言っても絶対にカットしてくれるから、思っていることを言おう」と思ったからです。「思っていることを言おう、話していい」と思ってからは随分と楽になりました。生放送でなければラジオも同じです。それからは意外と話せるようになりました。人に合わせることも上手く出来ないです。自分自身、猫好きだから変人ですし(笑)。

古川雄輝インタビュー 『劇場版 ねこ物件』はねこ好きな人の特徴を絶妙に描く

―― それでも皆と一緒にダンスしたり、演技で多くの人と共演しますよね。

ダンスとお芝居は似ているんです。ダンスには振付があり、お芝居には台詞がある。それを元に会話をしたりするので、そんなに大変じゃないです。でも普通に人と人が話す時、自分自身が帰国子女であることや、わりとパンと言ってしまう性格なので難しいなと思うことはあります。

古川雄輝インタビュー 『劇場版 ねこ物件』はねこ好きな人の特徴を絶妙に描く

―― 俳優という仕事をしていくうえで大切にしていることを教えて下さい。

大切にしていることであり、かつやめようと思っている部分でもあります。それは「手を抜かない。諦めない。100%を出す」です。それをモットーに「いい作品にする」を最優先にしてやっているんですが、皆が皆、同じ考えではないんです。「いい作品を作る」ではなく、俳優だからしょうがないんですが「自分がいかに目立つか」「いかに周りからよく見られるか」を優先しているのかな?と感じる人もいます。それが沢山の人とひとつの作品を作ると言うことなのも分かっています。

でも自分が作品のことを考えて「こうではないですか?」と意見を言ってしまうと“作品のことを誰よりも考えているけど、意外とこの人、面倒な人だ”と思われる(苦笑)そこが大変なんです。自分は“良くしよう”と思う、でも良くしようとすればするほど迷惑になってしまう。

この熱すぎる感じが人に迷惑をかけるなら、全体を見すぎるのをやめて作品に向き合ったほうがいいのかな‥‥みたいな。でも60%では出来ない仕事だし、全体が気になってしまうし、本当に難しいです。自分なりに頑張ると少し敬遠されてしまう。だから意見を聞いてくれて一緒に考えてくれる監督さんだとすごく助かりますね。

大好きな『スター・ウォーズ』のキャラクター名(ルーク)を飼い猫につけている古川雄輝さん。毎回、じっくりと作品全体を見つめ、役のあり方を考えている真摯な姿勢と、猫愛に満ちた人柄が猫にも愛され、写真撮影では、猫のチャーも、ししまる(たま役)も古川さんの言う事をちゃんと聞いて大人しく抱かれるほど。タレント猫ではなく、飼い猫をキャスティングするこだわりにも猫愛を感じる映画『劇場版 ねこ物件』。自分の猫愛を再確信して苦笑いし、良い距離感での人との付き合い方も知ることができる作品です。

文 / 伊藤さとり
写真 / 奥野和彦

作品情報 古川雄輝インタビュー 『劇場版 ねこ物件』はねこ好きな人の特徴を絶妙に描く 『劇場版 ねこ物件』

2匹の猫、クロとチャーと暮らす二星優斗、30歳。唯一の肉親である祖父・幸三が亡くなったことから始めた“猫付きシェアハウス・二星ハイツ”には、それぞれの夢を持つ4人の同居人が住んでいたが、みな次のステージへと巣立っていった。不動産会社の有美から、かつての入居者たちの活躍を聞かされ、二星ハイツの再開を促されるが気乗りがしない。しかし、祖父が遺した手紙に書かれていた、幼い頃に離ればなれになった弟の存在を想い出して、探し出すことを決意する。その方法とは、“猫付きシェアハウス”と自分の存在を全国に知らしめて、再び住人を募ることだった。そんな優斗をサポートしようと入居者だった、修、毅、丈、ファンの4人が二星ハイツへと帰ってきた。そんなある日、加納直人と名乗る人物が入居希望者として現れたのだが‥‥。

監督・脚本:綾部真弥

製作総指揮:吉田尚剛 / 企画:永森裕二 / プロデューサー:岩淵規

出演:古川雄輝、細田佳央太、上村海成、本田剛文、松大航也、金子隼也、山谷花純、長井短、竜雷太

主題歌:『Bell』 / 作詞:KENNY / 作曲:Face 2 fAKE / 歌:SPiCYSOL(ワーナーミュージック・ジャパン
挿入歌:『Coffee And Tea』 / 作詞:Michael Kaneko / 作曲:Face 2 fAKE / 歌:SPiCYSOL(ワーナーミュージック・ジャパン)
挿入歌:『Friend』 / 作詞・作曲:こんどうたかふみ / 訳詞:Livesync / 歌:釣宝未(AMG MUSIC)

制作プロダクション:メディアンド
企画・配給:AMGエンタテインメント
配給協力:REGENTS
製作:「ねこ物件」製作委員会

©2022「ねこ物件」製作委員会

2022年8月5日(金) 新宿ピカデリーほか全国公開

公式サイト neko-bukken-movie.com

古川雄輝インタビュー 『劇場版 ねこ物件』はねこ好きな人の特徴を絶妙に描く