アカデミー賞主演女優賞受賞のジェシカ・チャステイン、同賞主演男優賞受賞のエディ・レッドメイン、アカデミー賞ノミネートのトビアス・リンホルム監督が集結して贈る、実話を基にした戦慄のサスペンス、Netflix映画『グッド・ナース』が10月26日(水)より独占配信。10月より一部劇場にて公開も予定されている。

早くもアカデミー賞をはじめとする今年の賞レースを賑わせること必至な本作の、“緊張”と“戦慄”が連鎖する予告映像&キービジュアルが解禁。

賞レース常連の実力者集結!実話を基にした緊張と戦慄が連鎖するサスペンス  Netflix映画『グッド・ナース』

看護師でシングルマザーのエイミー(ジェシカ・チャステイン)は、重い心臓病を抱えながら、多忙で過酷すぎる夜勤を続けていて肉体的にも精神的にも限界を迎えていた。そんなある日、彼女の部署に、思いやりがあって親身になってくれる同僚のチャーリー(エディ・レッドメイン)がやってくる。彼と病院で共に過ごすうち、固い絆で結ばれ親友同士になる2人。エイミーはチャーリーのおかげで、自分や幼い娘たちの未来に希望を持てるようになっていくが、そんな中、病院では患者の不審死が相次いで発生、その容疑者としてチャーリーが候補に‥‥。

映像では、エイミーとチャーリーが病院勤務の多忙な中で、「子供たちは元気か?」「もっと一緒に過ごしたい」と会話をしながら絆を深めていく姿が描かれていく一方で、病院内で患者が突然謎の死を迎えるという恐ろしい事件の存在が不気味に語られていく。

亡くなった患者の体内からはありえない量のインスリンが発見され、内部の何者かによる犯行が疑われる。その第一容疑者に挙げられたのは、あの優しい男チャーリー。捜査が進むなか、「病院を転々としてる。9カ所だ」「彼は指一本触れずに人を殺してる」「次の病院で犯行を繰り返すぞ」‥‥と語られるように、徐々に彼の裏の姿が垣間見えていく。やむなくエイミーは、自分や子供たちを危険にさらしながら、真実を突き止めることを迫られる。果たして、戦慄の事件の真相は?そしてチャーリーとエイミーそれぞれに訪れる結末とは?

チャールズ・グレーバーによる「The Good Nurse (原題)」を原作にした本作の監督を手掛けるのは、監督作『ある戦争』(15)でアカデミー賞外国語映画賞ノミネート歴を誇る、トビアス・リンホルム。脚本は、『1917 命をかけた伝令』(19)でアカデミー賞脚本賞にノミネートされたクリスティ・ウィルソン=ケアンズ。

さらに出演者も賞レース常連の実力者タッグが実現し、『インターステラー』(14)や『オデッセイ』(16)に出演し、『タミー・フェイの瞳』(21)でアカデミー賞主演女優賞受賞のジェシカ・チャステインと、“ファンタビ”こと「ファンタスティック・ビースト」シリーズで主人公のニュート・スキャマンダー役で知られ、『博士と彼女のセオリー』(15)でアカデミー賞主演男優賞受賞、『リリーのすべて』(16)でアカデミー賞主演男優賞ノミネートを誇る名実を兼ね備えたエディ・レッドメインが共演。

作品情報 賞レース常連の実力者集結!実話を基にした緊張と戦慄が連鎖するサスペンス  Netflix映画『グッド・ナース』 Netflix映画『グッド・ナース』

看護師でシングルマザーのエイミーは、重い心臓病を抱えながら、多忙で過酷すぎる夜勤を続けていて肉体的にも精神的にも限界を迎えていた。そんなある日、彼女の部署に、思いやりがあって親身になってくれる同僚のチャーリーがやってくる。彼と病院で共に過ごすうち、固い絆で結ばれ親友同士になる2人。エイミーはチャーリーのおかげで、自分や幼い娘たちの未来に希望を持てるようになっていくが、そんな中、病院では患者の不審死が相次いで発生、その容疑者としてチャーリーが候補に‥‥。

監督:トビアス・リンホルム

原作:チャールズ・グレーバー著「The Good Nurse (原題)」

出演:ジェシカ・チャステイン、エディ・レッドメイン、ンナムディ・アサマア、キム・ディケンズ、マリク・ヨバ、アリックス・ウェスト・レフラー、ノア・エメリッヒ

2022年10月26日(水) Netflixにて独占配信

公式サイト netflix.com/title/81260083