いよいよ授賞式まで秒読みとなった第95回アカデミー賞。
本年度、ウォルト・ディズニー・カンパニーの制作スタジオが最多22のノミネートを獲得している。

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』では作品賞を含む主要4部門、ただいまディズニープラスで配信中の『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』においては、MCU初のアカデミー賞助演女優賞のアンジェラ・バッセットを含む5部門に、そして『イニシェリン島の精霊』では作品賞を含む主要8部門9つのノミネーションを獲得した。

ここでは、2023年3月12日(米国時間)の開催を前に、アカデミー賞を牽引するディズニーの制作スタジオが手がける、過去のアカデミー賞受賞作・ノミネート作品の一部を振り返る。気になった作品があったなら、これをきっかけに、試聴し楽しんでいただきたい。

記憶に新しい第91~94回のアカデミー賞受賞作品

昨年の第94回アカデミー賞では、『タミー・フェイの瞳』で実在の人物を演じたジェシカ・チャステインが主演女優賞に輝いたほか、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞。また今年2年連続で8度目のノミネート(うち2回受賞)となったスティーブン・スピルーバーグ監督が、初めてミュージカルに挑んだ『ウエスト・サイド・ストーリー』も話題を呼んだ。

アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選『タミー・フェイの瞳』© 2023 Twentieth Century Fox Film Corporation and TSG Entertainment Finance LLC. All rights reserved アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選『ウエスト・サイド・ストーリー』©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.

第93回アカデミー賞の作品賞ほかを受賞した『ノマドランド』は、中国出身のクロエ・ジャオがアジア系女性監督として監督賞を受賞し、アカデミー賞の歴史にその名を刻んだ。ジャオ監督の活躍は、今年もますます存在感が際立つアジア系作品の勢いにつながっていくとみられています。

思えば第91回アカデミー賞での、伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』でエジプト系のラミ・マレックが、アラブ系俳優として初の主演男優賞を受賞して記録を作ったことも忘れ難い瞬間でした。

アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選『ノマドランド』©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved. アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選『ボヘミアン・ラプソディ』©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved. アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選『女王陛下のお気に入り』©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.

第91回アカデミー賞では、異色の宮廷ドラマ『女王陛下のお気に入り』にも注目が集まった。オリヴィア・コールマンが主演女優賞を受賞した本作は、ギリシャ出身の鬼才・ヨルゴス・ランティモス監督の個性が全開。アカデミー賞における多様性が進んでいることは、各国のエッジの効いた監督たちが評価されている近年の傾向からもよくわかる。

何度でも見たい色あせない傑作

デル・トロ監督による普及の名作『シェイプ・オブ・ウォーター』、ナタリー・ポートマンが主演女優賞を受賞した、ダーレン・アロノフスキー監督による異色のサイコ・スリラー『ブラック・スワン』などは、アカデミー賞受賞作としては異色の娯楽性と芸術性を合わせ持つ、独創的な映像世界は唯一無二の魅力がある。

アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選『シェイプ・オブ・ウォーター』©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved. アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選『ブラック・スワン』©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.

ほかにも、マーベル作品でも知られるタイカ・ワイティティ監督の『ジョジョ・ラビット』や、ウェス・アンダーソン監督の『グランド・ブダペスト・ホテル』、アン・リー監督の『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』など、作家性が強い個性派監督たちがアカデミー賞を沸かせた作品は枚挙にいとまがない。これらの作品も何度でも見たい、色あせない傑作といえるだろう。

アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選『ジョジョ・ラビット』©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved. アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選『グランド・ブダペスト・ホテル』©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved. アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.

いよいよ日本時間で月曜日に迫った第95回アカデミー賞授賞式。

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』、『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』、『イニシェリン島の精霊』

このディズニーが誇る制作スタジオの3作品たちの受賞結果はどうなるのか? 心待ちにしながら、過去作品を今週末試聴してみてはいがだろうか?

作品情報

アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選 『タミー・フェイの瞳』

1970年代から80年代にかけ、テレビ伝道師として活躍していたジム・ベイカーは、妻タミー・フェイと共演したTV番組を製作。愛にあふれたメッセージで視聴者は熱狂、瞬く間に絶大な人気を博し、大成功を収めた。そんな中、貧しい生活から一転、華やかな生活に変わったタミーは、泣いても消えないまつげ、独特の歌い方、そしてあらゆる人々を受け入れる寛大さで伝説的な存在となっていた。しかし、金銭的な不正、ライバルの陰謀、スキャンダルなどにより、ふたりが築いた帝国はやがて崩壊していく…。波乱万丈の人生に待ち受けている結末とは。
第94回アカデミー賞主演女優賞、メイク・ヘアスタイリング賞受賞作品

監督:マイケル・ショウォルター

出演:ジェシカ・チャステイン、アンドリュー・ガーフィールド、チェリー・ジョーンズ、ヴィンセント・ドノフリオ、サム・ジャガー、マーク・ウィストラッチ、ルイス・キャンセルミ、ガブリエル・オールズ

配給:20世紀フォックス映画

© 2023 Twentieth Century Fox Film Corporation and TSG Entertainment Finance LLC. All rights reserved

2023年5月12日(金) 全国公開

公式サイト https://synca.jp/lifeisclimbing/

アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選 映画『ウエスト・サイド・ストーリー』

ニューヨークのウエスト・サイドには、夢や自由を求めて世界中から多くの人々が集まっていた。しかし、差別や偏見による社会への不満を抱えた若者たちは、やがて仲間と集団を作り激しく敵対し合っていく。ある日、“ジェッツ”と呼ばれるチームの元リーダーのトニーは、対立する“シャークス”のリーダーの妹マリアと出会い、瞬く間に恋に落ちる。この禁断の愛は、多くの人々の運命を変える悲劇の始まりだった‥‥。

製作・監督:スティーブン・スピルバーグ

出演:アンセル・エルゴート、レイチェル・ゼグラー、アリアナ・デ・ボーズ、マイク・フェイスト、デビット・アルバレズ、リタ・モレノ

吹替版声優:宮野真守、藤原夏海、諏訪部順一、小野賢章、田村睦心

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

2022年2月11日(金・祝) 日本公開

視聴サイト disneyplus.com/ja-jp/movies/west-side-story

アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選 『ノマドランド』

企業の倒産とともに、長年住み慣れた企業城下町の住処を失った女性、ファーン。彼女の選択は、一台の車に亡き夫との思い出を詰め込んで、車上生活者、“現代のノマド(放浪の民)”として、季節労働の現場を渡り歩くことだった。毎日を懸命に乗り越えながら、往く先々で出会うノマドたちとの心の交流とともに、誇りを持った彼女の自由な旅は続いていく…大きな反響を生んだ原作ノンフィクションをもとに、実在のノマドたちとともに新しい時代を生き抜く希望を、広大な西部の自然の中で発見するロードムービー。

監督・製作・脚色・編集:クロエ・ジャオ

原作:「ノマド 漂流する高齢労働者たち」(ジェシカ・ブルーダー著/ 春秋社刊)

出演: フランシス・マクドーマンド、デヴィッド・ストラザーンほか

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©️2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

2021年3月26日(金) 日本公開

視聴サイト  disneyplus.com/ja-jp/movies/nomadland

アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選 『ボヘミアン・ラプソディ』

1970年、ロンドン。ライブ・ハウスに通っていた若者フレディ・マーキュリーは、ギタリストのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーのバンドのボーカルが脱退したと知り自らを売り込む。2人はフレディの歌声に心を奪われ共にバンド活動をし、1年後、ベーシストのジョン・ディーコンが加入。バンド名は<クイーン>に決まり、4人はアルバムを制作し、シングル「キラー・クイーン」が大ヒット。個性的なメンバーの革新的な挑戦によって、その後もヒット曲が次々に生み出され、フレディは“史上最高のエンターテイナー”とまで称されるようになる。しかし、栄光の影で次第にフレディはメンバーと対立し孤独を深めていくのだった。
伝説のバンド「クイーン」の感動の物語。

監督:ブライアン・シンガー

出演:ベン・ハーディ、マイク・マイヤーズ、ルーシー・ボーイントン、グウィリム・リー、ラミ・マレック、エイダン・ギレン、ジョセフ・マッゼロ、トム・ホランダー

配給:20世紀フォックス映画

©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.

2018年11月9日(金) 日本公開

試聴サイト disneyplus.com/ja-jp/movies/bohemian-rhapsody

アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選 『女王陛下のお気に入り』

ルイ14世のフランスと戦争中のイングランド。揺れる国家と女王のアンを、幼馴染のレディ・サラが操っていた。そこに、サラの従妹で貴族から没落したアビゲイルが、召使として働くことになる。サラに気に入られ、侍女に昇格したアビゲイルだったが、生き残りをかけてその野望が芽生えはじめる。

監督:監督:ヨルゴス・ランティモス

出演:オリヴィア・コールマン、エマ・ストーン、レイチェル・ワイズ、ニコラス・ホルト、ジョー・アルウィン

配給:20世紀フォックス映画

©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.

2019年2月15日(金) 日本公開

試聴サイト disneyplus.com/ja-jp/movies/the-favourite

アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選 『シェイプ・オブ・ウォーター』

第90回アカデミー賞®最多13部門ノミネート。『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ監督が贈る切なくも愛おしい、誰も観たことのない究極のファンタジー・ロマンス。声を失くした孤独なイライザと、遠い海から連れて来られた“彼”。冷戦下のアメリカで、種族を超えた恋に落ちる二人だが、国家の行方を握る“彼”に危険が迫る─。

監督:ギレルモ・デル・トロ

出演:サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン、リチャード・ジェンキンス、ダグ・ジョーンズ ほか

配給:20世紀フォックス映画

©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.

2018年3月1日(金) 日本公開

試聴サイト disneyplus.com/ja-jp/movies/the-shape-of-water

アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選 『ブラック・スワン』

ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナは、元ダンサーの母親の寵愛のもと、人生のすべてをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。
しかし純真な白鳥の女王だけでなく、邪悪で官能的な黒鳥も演じねばならないこの難役は、優等生タイプのニナにとってハードルの高すぎる挑戦だった。さらに黒鳥役が似合う奔放な新人ダンサー、リリーの出現も、ニナを精神的に追いつめていく。やがて役作りに没頭するあまり極度の混乱に陥ったニナは、現実と悪夢の狭間をさまよい、自らの心の闇に囚われていくのだった。
ナタリー・ポートマンが第83回アカデミー賞にて、主演女優賞を受賞した、禁断の魔性へと変貌していくプリマドンナを描いた心理サスペンス。

監督:ダーレン・アロノフスキー

出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、 バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー

配給:20世紀フォックス映画

©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.

2011年5月11日(金) 日本公開

試聴サイト disneyplus.com/ja-jp/movies/black-swan

アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選 『ジョジョ・ラビット』

第二次世界大戦下のドイツ。10歳の少年ジョジョは、空想上の友達であるアドルフ・ヒトラーの助けを借りて、青少年集団ヒトラーユーゲントの立派な兵士になろうと奮闘していた。しかし、心優しいジョジョは、訓練でウサギを殺せず、教官から“ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられる。そんななか、ジョジョは母親と二人で暮らす家の隠し部屋に、ユダヤ人の少女エルサが匿われていることに気づく。やがてジョジョは皮肉屋のアドルフの目を気にしながらも、強く勇敢なエルサに惹かれていく――。

監督・脚本:タイカ・ワイティティ

出演:ローマン・グリフィン・デイビス、タイカ・ワイティティ、スカーレット・ヨハンソン、トーマシン・マッケンジー、サム・ロックウェル、レベル・ウィルソン ほか

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC

2020年1月17日(金) 日本公開

視聴サイト disneyplus.com/ja-jp/movies/jojo-rabbit

アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選 『グランド・ブダペスト・ホテル』

1932年、格式高いグランド・ブダペスト・ホテルには、“伝説のコンシェルジュ”と呼ばれるグスタヴ・Hがいた。究極のおもてなしを信条とする彼は、宿泊のマダムたちの夜のお相手もこなし、多くの客が、彼を目当てにホテルを訪れる。しかし、彼の人生は一夜にして変わる――
長年懇意にしていた“マダムD”が殺され、貴重なルネッサンス時代の絵画と莫大な遺産争いに巻き込まれたのだ。ベルボーイのゼロとともにコンシェルジュ・ネットワークを駆使するグスタヴは、誇りをかけて謎を解き、ホテルの威信を守ろうと大戦前夜のヨーロッパ大陸を飛び回る!

監督・脚本:ウェス・アンダーソン

出演:レイフ・ファインズ、F・マーリー・エイブラハム、マチュー・アマルリック、エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォー、ジェフ・ゴールドブラム、ハーヴェイ・カイテル、ジュード・ロウ、ビル・マーレイ、エドワード・ノートン、シアーシャ・ローナン、ジェイソン・シュワルツマン、レア・セドゥ、ティルダ・スウィントン、トム・ウィルキンソン、オーウェン・ウィルソン、トニー・レボロリ

配給:20世紀フォックス映画

©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.

2014年6月6日(金) 日本公開

試聴サイト disneyplus.com/ja-jp/movies/the-grand-budapest-hotel

アカデミー賞までに押さえておきたい ディズニー制作スタジオ作品10選 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

1960年代初めのインド ポンディシェリで生まれた少年パイ・パテルは、父が経営する動物園で動物たちと触れ合いながら育つ。ところが、パイが16歳になった年、人生が一転する。両親がカナダ モントリオールに移住することを決め、家族と動物たちは貨物船でカナダへ向かうのだが、太平洋のど真ん中で突然の嵐に見舞われ沈没してしまう。たった一人、救命ボートにしがみつき一命を取り留めたパイ。しかし、そのボートにはリチャード・パーカーと名付けられた凶暴なベンガルトラが身を潜めていたのだった…。小さなボートと僅かな非常食、そして一頭のトラ。果たしてトラは少年の命を奪うのか、それとも希望を与えるのか!? かくしてパイと一頭のトラとの227日にも及ぶ想像を絶する漂流生活が始まった。
アカデミー賞 最優秀監督賞含む最多4部門受賞、アン・リーが贈る感動のアドベンチャー!

監督:アン・リー

原作:ヤン・マーテル(『パイの物語』)

出演:スラージ・シャルマ, イルファン・カーン, アディル・フセイン, タブー, レイフ・スポール, ジェラール・ドパルデュー

配給:20世紀フォックス映画

©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.

2013年1月25日(金) 日本公開

試聴サイト disneyplus.com/ja-jp/movies/life-of-pi