瀬戸内の伝統食が独自の製法で復活「天然 鯛の濱焼き」(香川県・おさかな工房まるせん)

江戸時代に幕府への献上品として使われた「鯛の濱焼き」は、讃岐の伝統食として香川県民に親しまれてきたもの。濱焼きという名ではあるが、製法は“塩蒸し”だ。職人たちが一つひとつ丁寧に菰の藁で巻いて、蒸し焼きにする。

▶詳しくはこちら

みつせ鶏とレンコンのハーモニーが秀逸「みつせ鶏 蓮根かさね揚げ」(佐賀県・みつせ鶏本舗)

生産者の永渕照久さん夫妻が美味しい鶏づくりを追求し、たどり着いたのが環境と餌にこだわって育てた「みつせ鶏」という。そんな、みつせ鶏のふんわりとしたつくねを蓮根で挟み、香り豊かなアオサ入りの衣で揚げたひと品だ。

▶詳しくはこちら

伝統製法で仕上げた松阪牛「松阪牛しぐれ煮」(三重県・松阪まるよし)

三重県松阪市で創業した松阪まるよしは、上質な松阪牛の料理が愉しめる名店。土産や取り寄せで一番人気の「松阪牛しぐれ煮」は、松阪牛を贅沢に100%使用し、隠し味にこし餡を用いている。

▶詳しくはこちら

しっとり優しい舌触りが他の缶詰とは違う「海峡サーモン水煮(缶詰)3缶セット」(青森県・北彩屋)

青森県むつ市大畑地区の養殖ニジマスは「海峡サーモン」のブランドで知られる名産品。溶けるような優しい舌触りが焼酎に合う。

▶詳しくはこちら

アレンジレシピでも大活躍する削り節「生ハムのような食べる削り節(埼玉県・かつをぶし池田屋)

鹿児島で水揚げされたカツオを化学調味料無添加の秘伝タレに漬け込んで燻した一品。削り上がりの柔らかさは生ハムのような食感で、焼酎と良く合う。

▶詳しくはこちら

漁法から焼き方までこだわり抜いた自慢のたたき 「藁焼き鰹たたき3節セット」(高知県・明神水産)

本場高知の鰹のたたきを全国に届ける明神水産。秋口の三陸沖で一本釣りしたカツオをすぐさま船上で凍結し、解凍せずにさばいて高知県産の良質な藁で藁焼きにした。

▶詳しくはこちら

“大きな穴”は美味しさの証拠!「栃尾あぶらげ(油揚げ)10枚入り」(新潟県・佐藤豆腐店)

一枚一枚手作業で丁寧に作られた極厚な油揚げ。さっと炙って薬味を乗せ、醤油を垂らして焼酎と合わせたい。

▶詳しくはこちら

長時間煮込んだ卓袱(しっぽく)料理の代表的存在!「東坡煮 20個入り」(長崎県・料亭御宿 坂本屋)

料亭御宿 坂本屋の東坡煮は、厳選した良質の皮付き豚三枚肉を脂身がゼラチン質に変わるまで2日かけて丁寧に煮込み、秘伝のタレで味を付けたもの。添付の練り辛子と一緒に口に含むのがポイント。

▶詳しくはこちら

雪国越後の伝統的な郷土料理 「鮭の昆布巻」(新潟県・新潟加島屋)

雪国・越後の正月に欠かせない鮭の昆布巻。贈答品としても高い人気を誇る昆布巻は、どこか懐かしさを感じる「おふくろの味」にほっこりするだろう。

▶詳しくはこちら

サクサク食感がクセになる大人の味わい「揚げ塩ぎんなん」(兵庫県・伍魚福)

酒のつまみにぴったりの銀杏。自分で調理するとちょっと手間がかかる揚げ銀杏をお取り寄せ。伍魚福の人気商品「揚げ塩ぎんなん」は食べ切りサイズで晩酌のお供におすすめだ。

▶詳しくはこちら

熊本が誇る郷土料理は焼酎にベストマッチ!「からし蓮根2本入り」(熊本県・森からし蓮根)

江戸時代から代々伝わるからし蓮根の味をそのまま受け継いでつくり続けている老舗・森からし蓮根。一つ一つ丁寧に手作りで仕上げたからし蓮根は、じっくりお酒を味わいたいときのおつまみにぴったりだ。

▶詳しくはこちら

食べ方色々!北九州の小倉名物「ぬかみそだき詰合せ(いわし、さば)」(福岡県・ぬかみそだきのふじた)

江戸時代から北九州地域に代々伝わる郷土料理のぬかみそだき。同店の商品は、無添加でレトルト殺菌処理を施しているため、常温で1年間保存できる。

▶詳しくはこちら

明太子の味がギュッと濃縮されたひと品「博多なかなか ドライ」(福岡県・中島商店)

那嘉島のからし明太子を独自製法で乾燥させた、中島商店の「博多なかなか」。その濃縮されたおいしさは、お酒との相性バッチリだ。

▶詳しくはこちら

泡盛に合わせるなら外せない逸品「沖縄やわらかスーチカー」(沖縄県・オキハム)

泡盛に合うおつまみなら、やはり沖縄料理の定番を。保存食にもなる「スーチカー」を取り寄せて、泡盛をもっとおいしく味わってみてはいかがだろうか。

▶詳しくはこちら

季節で一番美味しいタマネギを丸ごと漬けた「玉ねぎのお漬物(醤油味)」(埼玉県・河村屋 大宮本店)

国産原料にこだわって漬物を製造・販売している河村屋。看板商品でもある「玉ねぎのお漬物」は、タマネギを丸ごと使った創作漬物だ。

▶詳しくはこちら

奄美大島が誇る名物・島とうふ 「島とうふ詰め合わせ1」(鹿児島県・島とうふ屋)

奄美大島の豆腐料理専門店・島とうふ屋の「島とうふ」は、柔らかな食感が特徴の木綿豆腐。泡盛のアテにぴったりの詰め合わせセットをお取り寄せしてみてはいかがだろうか。

▶詳しくはこちら

広島の海の幸がギュっと詰まった宝箱「海鮮しぼり焼 祭-MATSURI-」(広島県・巴屋清信)

巴屋清信の「海鮮しぼり焼」は、広島で水揚げされた魚を独自製法の「しぼり焼」で職人が丁寧に焼き上げた逸品。湯で割った焼酎とは最高の組み合わせである。

▶詳しくはこちら

江戸時代から続く鳥取の伝統食!「ねぎとうふ」(鳥取県・とうふちくわの里ちむら)

慶応元年(1865)の創業から続く伝統食の豆腐竹輪は、鳥取県産の大豆を100%使用した木綿豆腐と最高級ランクのスケソウダラを合わせたもの。

▶詳しくはこちら

京都老舗の伝統の味を自宅でも堪能できる「銀だら 蔵みそ漬」(京都府・京都一の傳)

京都一の傳は、京都の伝統料理・西京漬の老舗。「銀だら 蔵みそ漬」は、同店の中でも人気No.1を誇る逸品だ。

▶詳しくはこちら

(文◎田村 巴)

本格焼酎の健康効果を解説|種類と効能、血栓を予防する正しい飲み方
焼酎用語の基礎知識を知る|これだけは覚えておきたい酒の用語辞典/焼酎編
焼酎の甲類・乙類の違いとは?違いを理解し美味しくあじわうコツ
泡盛は糖質0!糖質とカロリー、泡盛に秘められた効能と健康効果とは