付加価値の高い初心者向けサブスク

「ザ・ウイスキー・スタジオ」はドラムズジャパンが主催する、ウイスキーに興味のある人や初心者におすすめな新しいプラットフォーム。定額制で参加することでウイスキーのテイスティングをはじめ、コンテンツ動画の配信やペアリングイベントの開催など、順次追加されるコンテンツを楽しめる。

会費を支払い参加するサブスクリプションサービスで、ユーザーが恣意的な情報に惑わされないよう中立の立場でウイスキーの情報を得ることができる。月額の利用料金はそれぞれのプランによって設定され、視聴や参加が可能な様々なテイスティング動画やコンテンツがサービスに含まれる。

また、会員との継続的なコミュニケーションを促進するための機能を実装していくとのこと。2021年1月の段階ではウイスキー・ボックス、ウイスキー・ノート、1月のペアリングイベント、そして1ドリンクチケットの案内を先行してお届け。今後は蒸溜所・メーカー・バーテンダーと協働し、多様なウイスキーの世界を体感できるようになる。

自宅に毎月テーマに合わせたウイスキー・ボックスが全国無料で届く。さらにテイスティングなどの関連動画も視聴可能となる。6か月で6つのテーマを巡り、ウイスキーの世界を学び、楽しむ内容となっている。

毎月テーマごとのウイスキーに合わせたペアリングイベントを開催。フードや音楽、ライフスタイルなど多彩なペアリングと一緒にウイスキーを楽しめる。提携BARでの1ドリンク無料チケットも定額制に含まれている。

ウイスキーは4本、5本、6本セットの中からチョイス。毎月のテーマにあわせてサンプルセットが届く。1月は「代表的なウイスキーを楽しむ」をテーマに、世界5大ウイスキーの代表的な銘柄がセレクトされている。通常の販売サイズの瓶では、好みじゃなかった場合に飲みきることが苦行になりかねない。この中から自分の“好き”を手軽に探す、そんな楽しみ方もあるのではないだろうか。

価格はベーシックプラン(4本)が3980円/月、プラスプラン(5本)5500円/月、アドバンスプラン(6本)6500円/月となっている。全て税込価格で送料は無料、入会・退会は自由。講師は老舗ウイスキークラブ「ザ・スコッチモルトウイスキー・ソサエティ」の日本支部長で、ザ・ウイスキー・スタジオ主催の橋本崇宏氏がつとめる。

▶︎ザ・ウイスキー・スタジオ

▼こちらもおすすめ

全国の地酒発掘!話題の日本酒定期便「saketaku」とは?その内容を徹底解剖!
限定シリアルナンバー入り! 世界でも希少な“長期熟成ジャパニーズクラフトラム”「TEEDA21年〜Cask No.688&695〜」。12月28日(月)から出荷開始
パリッとジューシー食感「おいしい缶詰 燻製粗挽きソーセージ」<東京都・明治屋>|そのまま食べられる!酒肴缶詰セレクション
壁を取り払ってカウンターを設置、いつでも好きな酒と音楽を愉しむ〈神奈川県 トミオカ邸〉|秘密基地でひとり酒宴 “隠れ家”拝見