ポータブル電源市場で絶大な信頼を得ているJackery Japanは、自社最高スペックの「Jackeryポータブル電源Aceシリーズ 1500/2000」の2製品の発売を発表した。「Ace1500」は本日3月25日(木)11:00から、公式オンラインストア、Amazon、楽天市場、PayPayモールで発売を開始する。価格は17万6000円(税込)。

また、「Ace2000」は2021年下旬の発売予定となっている。こちらも詳報も気になるところだが、まずは「Ace1500」が、なぜ“史上最強”なのか詳しく紐解いていきたい。

Jackeryポータブル電源Aceシリーズの5つの特徴

アウトドアや防災、リモートワークでの電源確保やイベントの照明、ハイスペックなカメラ機材の充電、野外での家電調理まで、様々なことを可能にするハイスペックぶりとなっている。

①Jackery史上最上級スペックで、高出力・大容量を実現

キャンプやBBQなどのアウトドアでホットプレートやグリルなどの家電調理器を使用した本格的な料理が可能になる。また、災害時の電源確保として、Aceシリーズ製品が1台あるだけでスマホの充電はもちろん、ファンヒーターやポータブルクーラーなども使用できるようになる。家庭用ドライヤーや掃除機、扇風機、電気ドリルなどの高出力家電にも対応する。

※Jackery ポータブル電源 Ace1500
定格出力;1,800W(瞬間最大出力:3,600W)
容量:1,488Wh/413,400mAh

②製品使用サイクルの寿命延長を実現

Aceシリーズは高品質のリチウムイオンバッテリーを採用し、800サイクルの充放電で元々の容量の80%を保証する設計となっている。従来製品は500サイクルのため、その分バッテリー寿命が延びたということだ。

③新技術「Twin Turboツインターボシステム」

「Ace1500」の場合、AC充電の時間は約5.5時間。また、inputポートを2つ搭載し、AC充電×2(※Ace1500のみ)、AC/ソーラーパネル(※Ace1500のみ)、ソーラーパネル×2、ソーラーパネル×4(※別売りの並列接続ケーブルを使用)などのダブル充電やミックス充電が可能のため、充電時間も大幅に短縮できる。

従来の製品と比較して充電効率が大幅に向上している。「急にキャンプの予定が入った」「充電を直前まで忘れていた」という場合でも安心だ。

④新しいデザイン、スマートスクリーン

スマートスクリーンを搭載、視認性の高いカラーモニターを採用し、電池残量を一目で確認できるほか、インプットやアウトプット、接続状況についても確認可能となっている。

内部の温度が正常な動作温度範囲を超えると、自動的に「高温/低温」という警告が表示されるなど、ユーザビリティの高いスクリーン設計を実現した。

⑤電気自動車で使用されるシステムを使用

バッテリー管理システム(BMS)という過充電や過放電保護、温度管理等、内部バッテリーが安全に動作するための監視、及び管理を行うためのシステムを搭載している。

Aceシリーズには電気自動車で採用されているBMSを使用することで、最高精度の高い安全性を保っている。また、製品仕様は以下の通りだ。

容量:1,488Wh/413,400mAh
定格出力/瞬間最大出力:1,800W/3,600W
サイズ:W35.5×D25.3×H26.5 cm
Output:AC3(100V/18A)、USB-C1(PD60W)、USB-A1(5V/2.4A)、USB-A(QC3.0)1(18W)、シガーソケット*1(12V/10A)
Input:2port(48V/6.25A(600W)[12-51V対応])
充電時間(ACアダプタ):(1way接続)約5.5時間、(2way接続)約3.5時間 ※別売りACアダプタが必要
充電時間(SolarSaga100):約22時間(天候によって異なる)

【商品概要】
商品名:Jackeryポータブル電源Ace1500
価格:17万6000円(税込)
公式サイト:Jackeryポータブル電源Aceシリーズ

▼こちらもおすすめ

ばかデカい容量にびっくり!超大容量6071Wh大型ポータブル電源「Yeti 6000X (120V) Power Station」爆誕!
モンスター級ポータブル電源! 3000Wの高出力&2112Whの大容量で、使用電力はもう気にしない! SUNGA『LK3000』のパワーに注目