転職エージェントとは?

「転職エージェント」は、職を求める人の転職活動のサポートをする仕組み。求職者のスキルや経験に加え、給与・環境などの希望条件や職種などを加味したうえで、専門のアドバイザーが転職をバックアップしてくれる便利な無料サービス(一部有料会員あり)だ。

履歴書や職務経歴書の書き方や企業との面接ノウハウなど、転職活動の基本から、求人案件の紹介、入社までの手厚いサポートが受けられるのが魅力。

つまり選り好みせず、複数の転職エージェントにすべて登録しておくのがおすすめだ。

転職エージェント活用術

転職活動は、履歴書や職務経歴書など書類の準備に始まり、希望企業の情報収集や選定など、かなりの時間を要するもの。転職エージェントを利用すれば、事前の面談は必要なものの、希望に沿った案件を探す手間を大幅にカットでき、なるべく時間をかけたくない人にもおすすめだ。

また、初めて転職活動をする人にとっても、不安材料を払拭できるほか、さまざまなサポートを受けられる頼れるツール。効率よく転職活動するうえで、転職エージェントに登録するメリットは大きいだろう。

転職エージェントをおすすめしたい人
・年収が高い職種に就きたい
・キャリアプランが定まっていない
・希望する条件に合った企業で働きたい
・未経験職種にチャレンジしたい
・データを駆使した専門的なアドバイスを参考にしたい
・転職活動にはなるべく時間をかけたくない
・履歴書や職務経歴書の添削をしてほしい
・面接のハウツーを知りたい
・年収や条件の交渉を代行してほしい

転職エージェントには「総合型」と「特化型」の2種がある

転職エージェントには、求人数が多い「総合型」と専門性が高い職種に強い「特化型」の2種がある。

総合型転職エージェント

「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」に代表される総合型の転職エージェントは、業種や業界を含め多様な求人案件が多数揃っているのが大きな特徴だ。

特化型転職エージェント

一方で特化型のエージェントは、特定の専門分野の求人案件をそろえているのが特徴。「エンジニア」「IT業界」「医療」などの専門的分野に加え、「第二新卒」や「海外勤務」「年収1,000万円以上」など、希望する条件に特化している転職エージェントも。

特化型の転職エージェントのアドバイザーは、各分野に詳しく、より専門的なアドバイスが受けられるのも大きな魅力だ。

転職エージェントメリットデメリット
総合型転職エージェント・リクルートエージェント
・doda
・マイナビエージェント
・パソナキャリア
・type転職エージェント
・さまざまな業種・業界が多数揃っている
・選択肢が広がる
・想定していなかった求人案件を紹介してもらえる
・専門的なアドバイスができる担当者が少ない
特化型転職エージェント・レバテック
・ハタラクティブ
・JACリクルートメント
・ビズリーチ
・専門的な知識や情報が豊富
・業種に特化した企業とのコネクションがある
・総合型に比べて求人件数が少ない
・業種や業界の選択肢が少ない

転職エージェントのメリット

仕事に関する悩みを相談できたり、求人業界の動向や転職活動におけるノウハウの提供など、プロならではの視点でさまざまなアドバイスが受けられる。非公開の求人情報を持っていることもあり、転職エージェントならではのも強みも。

また企業側が求める人材と求職者間のマッチングサービスにおいて、双方の希望に沿った結果が得られる可能性が高いのも魅力のひとつ。

応募後は、エージェントから合否の連絡があり、万が一不合格になった場合には、評価されたところとされなかったところをフィードバックしてくれる場合もあり、次回の応募に活かせる利点も。

転職エージェントのデメリット

一方で転職エージェントを利用するデメリットも。転職エージェントに登録をして「エージェント」と呼ばれる担当者と面談を行うため、応募するまでにある程度の日数を要すること。また、エージェントを選ぶことはできないため、相性の良し悪しがある。

加えて専門的な職種を扱った転職エージェントもあり、場合によっては希望する職種が見つからない場合も。

さまざまな転職エージェントのなかには、サポートする期間を儲けている場合もあるため、期間中に転職できない可能性もある。

転職エージェントと転職サイトの違い

アドバイザーがさまざまなサポートをしてくれる転職エージェントとは異なり、転職サイトは、登録されている企業の求人情報を自身で比較・情報収集したうえで応募する。履歴書や職務経歴書などの用意も含め、すべて自分で進めるというのが一番の大きな違いだ。

登録したいしておきたいおすすめ転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントを運営するマイナビグループは、新卒をターゲットにした就活サイトや、第二新卒に特化したサイトなどのノウハウがあり、新卒・20代の転職に関するサポートが充実。「未経験」でもOKの求人も多数あり、職歴が浅い人の転職にもぴったりだろう。

未来のキャリアプランも視野に入れたアドバイスは、自身のプランニングにも役立つはずだ。

求人案件の8 割ほどが非公開で、想定外の有料案件に出会える可能性も。

マイナビエージェントに登録する

リクルートエージェント

業界最大手の総合転職エージェントだけに、扱う求人案件が豊富。職種や業種、勤務地など、求人の選択の幅がぐっと広がるだけに、ぜひ登録しておきたい。社会経験が浅い人や、転職する条件や職種を決めかねている人にとっても有用だろう。

それぞれの業種に適した経験豊富なアドバイザーからのサポートや、10万件以上の非公開の求人案件などもあり、求職者にとってメリットは多い。

リクルートグループのブランド力は、大手企業からの信頼も厚く、過去実績が豊富で安心できる。

参加者の満足度80%以上の「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能だ。

リクルートエージェントに登録する

Doda

リクルートエージェント同様に、総合的に展開する大手転職エージェント。求人案件が多いことに加え、「転職サイト」一体型が大きな特徴。転職エージェントのアドバイザーとのやりとりに加え、自分で求人案件を探して応募できる。

エージェントそれぞれの得意分野を活かしたアドバイスやサポートには定評があり、未経験業界にチャレンジしたい人にとっても頼りになるアドバイスがもらえるはずだ。

「転職フェア」など、転職活動につながるイベント開催にも注目。イベントにぜひ参加してよりよい転職につなげたい。

dodaで登録する

パソナキャリア

大きな特徴は、1人の求職者に対して、基本的に2人のエージェントが担当してくれること。転職が初めての人でも安心して利用できる。女性の転職にも積極的で、育児を経て社会復帰する人にとっても心強い。

さらにこれまでの歴史から、企業との強力なコネクションが期待できるほか、企業からの信頼も厚いため、マッチした企業があればスムーズな転職活動が可能だ。

パソナキャリアに登録する

Type転職エージェント

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の求人案件を扱っており、とくにIT・web関連を得意としている。公式サイトには、アドバイザーの顔写真やプロフィールが紹介されていて、直接転職サポートを依頼することができるのもここならでは。

「typeエンジニア転職フェア」など、IT・web 業界で働きたい人向けの相談会やイベントなども開催されている。

Type転職エージェントに登録する

BIZ REACH(ビズリーチ)

ビズリーチは、年収600万円以上のキャリアップ・ハイクラスを目指す人にぴったりの転職エージェント。これまでの経験を基に、即戦力の人材を希望する大手メーカーや企業など、希少な求人情報に出会えることもある。

より高収入を目指す人、管理職や役員クラスのポジションでさらに活躍の場を広げたい人などにもおすすめだ。

ビズリーチに登録する

おすすめ転職エージェント&活用方法【20代・30代・40代】

20代、30代、40代別のおすすめの転職エージェントを紹介しよう。基本的に求人案件を多数持っている総合転職エージェントは、年代問わず登録しておくほうがいいだろう。加えて、それぞれの年代に合ったおすすめの転職エージェントも登録しておこう。

20代におすすめの転職エージェント&活用法

20代の場合は、求人案件が多く選択肢の幅が広がる「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」「doda」など大手転職エージェントに登録しておくのがベターだ。2人のアドバイザーが担当してくれる「パソナキャリア」や、首都圏での転職なら「Type転職エージェント」への登録もおすすめだ。

転職の経験が少ないからこそ、転職エージェントでさまざまなアドバイスやサポートが受けられるメリットは大きい。20代なら初めての転職の場合などはとくに自身で転職の選択肢を狭めてしまっている場合もあり、エージェントが進める案件から、新たな発見や興味関心がでてくる場合も十分にありうる。さらに今後を見据えたキャリアプランの相談に乗ってもらうのもいいだろう。

20代におすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
マイナビエージェント
doda
パソナキャリア
Type転職エージェント

30代におすすめの転職エージェント&活用法

30代は、実務経験やポジションなど、これまでの経験が強みに。経験を生かした転職はもちろん、未経験業種にチャレンジしたいなら30代がチャンス。

求人案件が多い総合転職エージェントの「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」、「doda」などはもちろん、ベンチャー企業などの登録も多く、ハイキャリアを目指す人や高収入など条件面でのステップアップをしたい人などにおすすめの「BIZ REACH」(ビズリーチ)にも登録しておくといいだろう。

30代におすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
マイナビエージェント
doda
BIZ REACH

40代におすすめの転職エージェント&活用法

40代の転職は、これまで培った経験が活かせる転職活動がしたい。管理職などのハイキャリアや外資系やベンチャー企業などへの転職を視野に入れているなら、「JACリクルートメント」や大手企業の求人案件を多数扱っている「BIZ REACH」(ビズリーチ)の登録を。

加えて、さまざまな業種・企業の登録が魅力の総合転職エージェント「リクルートエージェント」・「マイナビエージェント」・「doda」への登録も忘れずに。

40代におすすめの転職エージェント
JACリクルートメント
リクルートエージェント
マイナビエージェント
doda

転職エージェントの登録から内定の流れ

1、登録
2、面談
3、エージェントから求人案件の提案
4、応募
5、面接
6、内定

転職エージェントに登録したあとは、担当アドバイザーと面談。ここでは、自分の経験や希望する職種、転職希望時期などをじっくり相談し、自分の得意・不得意分野の交通整理を行う。最終的にどんな職種でどんな条件で転職したいかを明確にするのが目的だ。場合によっては電話での対応もある。

次に求職者の希望に合った求人案件をアドバイザーが紹介してくれる。アドバイザーサポートのもと、履歴書や職務経歴書を作成。万が一希望する求人案件がない場合は、自分が納得できるまでアドバイザーと相談しよう。

応募したい企業が決定したら、アドバイザーから企業側に応募。その後アドバイザーから結果が伝えらる。内定が決まると、入社日の調整をしてくれる。

転職エージェントをうまく活用して自分の理想の転職をしよう!

求職者と企業とのマッチングサービスを行う転職エージェントでは、さまざまなサポートが受けられるのが大きな魅力。自分自身で進めるだけでは知り得なかった情報や思いもよらなかった企業との出合いも。なにより新たな世界に飛び込むために活用してみてはいかがだろうか。