寒い冬には暖房器具が欠かせない。エアコンだけで乗り切ったり、電気代節約のために石油ファンヒーターを使用したりする人もいれば、赤外線ヒーターや電気ストーブを併用する人もいるだろう。

しかし、そんな中人気を集めているのは、昔から使われてきた石油ストーブだ。ここでは、時代を越えて注目されている理由や人気のある商品について解説する。

● 昔から重宝されてきた石油ストーブ

石油ストーブといえば、祖父母の家にあって、やかんが乗せてあるようなイメージを持っている人も多いだろう。石油ストーブは灯油を使用する暖房器具だ。コンセントが不要であるため、部屋の真ん中や室外にも設置できるため、場所を選ばずに使用できる。

また、最近ではデザインにこだわった石油ストーブも豊富。インテリアや好みに合わせてデザインを選べるため、男女問わず注目しているのだ。

石油ストーブは温める範囲や給油タンクの容量、点火方法が異なるものが販売されている。空気を全方向から温める対流式と上部と前方の空気を暖める反射式があるのもポイントだ。 

● 石油ストーブのメリット・デメリット

石油ストーブの性質上、どんなメリット・デメリットがあるのかを把握した上で購入することをおすすめする。

【メリット】
石油ストーブ最大のメリットは電源のないところでも使用可能という点だ。室内で使用する時もコンセントの位置を気にする必要がない。特に対流式は360度すべての空気を効率よく暖めてくれるため、バーベキューやキャンプのお供にして暖を取るのもよいだろう。

また、燃焼中は筒状の燃焼部が明るく灯り、ランプ代わりにすることも可能なほか、天板には鍋ややかんを乗せて温めることができる。つまり、石油ストーブには暖房とランプ、そして調理という3つの活用方法があるのだ。

【デメリット】
石油ファンヒーターは吹き出し口に気をつけていれば、火傷をしたり火事を起こしたりする心配は少ない。

しかし、石油ストーブは天板も熱せられているため、布やプラスチックが触れれば火災につながる恐れがある。小さな子どもが誤って天板に手をついてしまうといった危険性もある。

使用時の注意点を守り、安全が確保できる場所で使うよう、十分に気をつけたいものだ。

● 人気の石油ストーブ5選

店頭でもインターネットでもよく売れている人気の石油ストーブは、大きな部屋に向いているものや、おしゃれなデザインのものだ。

吹き抜けのある空間や、10畳以上の広さのリビングで使用する場合は、適用畳数が大きい商品でなければ室内が暖まりにくい。

機能性やデザインを比較し、自分好みの商品を選んでみてほしい。

【「コロナ」SX-E3521WY(反射式)】
シンプルなデザインと機能の石油ストーブ。「クリーン燃焼」や「ニオイカット消火」、「触媒燃焼においとり」という機能によって、石油ストーブ特有の臭いを抑えてくれるのがポイント。給油タンクが取り外せるため、給油しやすいのも魅力的だ。希望小売価格33,880 円(税込)で販売されている。

【「トヨトミ」 RS-H291(反射式)】
反射式の中でもコンパクトな石油ストーブ。場所を取らないので、狭い部屋にも置きやすい。適用畳数は木造8畳であり、小さくても暖房効果は抜群。希望小売価格は34,800円(税込)。

【「トヨトミ」 RL-251(対流式)】
ランタンの形状をした対流式の石油ストーブ。対流式では珍しく、つまみを回すだけで点火できるという優れもの。燃焼部は7色に光るガラス円筒になっており、周囲を明るく照らす。「ニオイセーブ消火」や「2重タンク構造」のおかげでストレスなく使用できる。希望小売価格は38,500円(税込)で販売中。

【「コロナ」SL-6621(対流式)】
インテリアにもなるレトロなデザインの石油ストーブ。おしゃれなポットを天板に置いて加湿しながら、その見た目を楽しむのもアリだ。適用畳数は木造17畳で、かなり広い範囲を暖められる。希望小売価格31,680 円(税込)。

【「アラジン」 Blue Flame Heater BF3911(対流式)】
アラジンの対流式石油ストーブはそのデザイン性から人気を集めている商品だ。インテリアになるレトロなデザインと、絶妙なカラー、青く灯る「ブルーフレームヒーター」によって見るものを癒してくれる。点火や消火の臭いを感じさせない機能と耐震自動消火装置が搭載されているため、機能面でも満足できるだろう。価格は54,780円(税込)。

● 石油ストーブは1つ持っておくと災害時も安心 

マッチやライター、灯油があればどこでも使える石油ストーブ。その特徴から、災害時の備品として購入する人も多い。

室内だけでなく室外でも使用できるため、避難先でも十分に体を温められる。普段使いはもちろん、災害時のためにも1つ持っておくと安心だ。