フットウェアブランドの「HOKA(ホカ)」より、推進力に優れた“パラレルカーボンファイバープレート”を搭載したトレイルランニングシューズ「TECTON X(テクトン エックス)」が新発売された。

HOKAのトレランシューズは、機能性が非常に高く、アウトドアアクティビティに最適。デザインもスタイリッシュだから、街履きにも使えると評判だ。

今回はトレラン愛好家の筆者が一目惚れした、いま話題のHOKAの新作トレランシューズを紹介する。

■「HOKA」はランナーもファッショニスタにも支持される人気ブランド

HOKAの靴は、分厚いミッドソールが特徴。「厚底ランニングシューズの先駆け的存在」として有名で、独自の高い機能性とデザイン性を融合した、革新的なシューズを開発している。

これまでさまざまなフットウェアを手掛けてきたHOKAだが、意外なことにカーボンプレートを搭載したトレランシューズは「ブランド初」とのこと。

昨今のアウトドアファッションブームと、健康志向の高まりが追い風となり、支持率が急上昇中のトレランシューズ。シーンレスで履けるから、1足持っておくとかなり使えそう!

■TECTON Xは「究極の快適性」と「フィット感」が味わえる!

アッパーには、中足部のフィット感と通気性を向上させるために、部位によって編み方を変えた「エンジニアードメッシュ」を使用している。そして、TECTON X最大のポイントであるカーボンファイバープレートは、1足につき2本搭載。あらゆる角度から足を守り、悪路や不整地でも、スムーズな走り心地を提供してくれる。

アウトソールは、濡れた路面や起伏の多い斜面にもしっかり対応できる「Vibramメガグリップ」が採用されている点に注目。部分的にラバーを配置しているので、軽量性にも優れており、長時間履いても疲労を感じにくい。

■オレンジ×ブルーの配色が近未来的でおしゃれ

TECTON Xは、その履き心地の良さと機能性の高さもさることながら、カラーリングも秀逸。ベースの鮮やかなオレンジ色に、ミッドソールとブランドロゴ部分のブルーが映えて、とてもカッコいい。

いかにも“競技用の靴”という感じにならないから、普段着に合わせてもセンス良く決まる。全身アウトドア系アイテムで、ワイルドに仕上げてもおしゃれだし、服はきれいめなシャツやパンツでまとめて、足元だけトレランシューズで外すのも良いだろう。

トレランにおいて、シューズはパフォーマンスを大きく左右する重要なアイテムだ。しかし、通常のランニングよりも厳しい道を走るので、靴が濡れやすく、劣化もしやすい。そのため、靴を長持ちさせるには、2足以上揃えておき、交互に履くのが良いとされている。購入の際は、ぜひ筆者イチオシのTECTON Xを試してみてほしい。

楽しんでいただけただろうか。今後も「男の隠れ家デジタル」らしい切り口でおすすめアイテムを紹介していきたいと思う。

公式サイト「HOKA」

「牛ステーキがおいしく食べられるうちは現役を続けたい」 | 鏑木毅 プロトレイルランナー
ロングトレイルやナイトハイク利用にも。高尾山麓に初の宿泊施設「Mt.TAKAO BASE CAMP(高尾山ベースキャンプ)」誕生
【2021最新】キャンプコットおすすめ28選|快適な寝心地を!