スリルを味わいたい男性諸君。「ノースサファリサッポロ」という動物園を知っているだろうか?

この動物園は、日本一危険な動物園と言われている。間近でさまざまな動物と触れ合えるのだが、中には危険な肉食動物も。何が起きても完全自己責任であり、安全性が確保されていない。

「これまでの動物園にはないスリルな体験がしたい」という人のために、今回は日本一危険な動物園「ノースサファリサッポロ」について解説する。デートスポットにもおすすめなので、ぜひ最後まで読んでみてほしい。

■「ノースサファリサッポロ」はどこにある?

日本一危険な動物園「ノースサファリサッポロ」は、その名前の通り、北海道札幌市南区にある。この動物園では約500頭もの動物が飼育されており、間近で動物たちと触れ合うことができる。

日本一危険と言われるその理由は、動物たちが開放的に飼育されているためだ。一部の動物を除き、危険だとされる肉食動物たちを目の前で鑑賞可能。その危険度から、至るところに「すべて自己責任」という看板が設置されている。つまり、この動物園では命の保証がされていないのだ。

なお、「ノースサファリサッポロ」は、ノースサファリ、デンジャラスゾーン、デンジャラスの森の3つのエリアで構成されている。特に危険なのが、不気味な雰囲気を漂わせる「デンジャラスゾーン」だ。

このエリアに入るためには、すべてが自己責任だという誓約書を記入しなければならない。それほど危険なエリアだと言える。

■デンジャラスゾーンは命の保証がされていない?

「ノースサファリサッポロ」の中でも最も危険だとされるデンジャラスゾーン。このエリアは命の保証がされておらず、死を覚悟して通らなければならない場所がいくつもある。

例えば、ピラニアの水槽の上を渡ったり、危険なワニがいる場所を渡ったりなどだ。そのエリアの横には、「落ちたら死にます」という文字が書かれた看板もある。

そのほか、猛毒を持ったトカゲやクモがいるゾーンもあれば、ゴキブリやミルワームを目の前で見ることのできるゾーンも存在する。

いずれにしても危険なエリアであるため、立ち入る際には覚悟を決めてから挑もう。なお、リタイアできる迂回路も用意されているので、ダメだと思ったら躊躇せずにリタイアしよう。

■目の前の猛獣(トラ)に餌やりできる

「ノースサファリサッポロ」の醍醐味だと言えるコースがもう一つ。それが、目の前の猛獣に餌やりできる体験コースだ。

この体験コースでは、一般的な動物園でも行えるキリンやナマケモノ、ビーバーなどへの餌やりはもちろん、巨大ワニやピラニアへの餌やりも可能である。

また、もっとスリルを味わいたいという人は、檻の中に入って行うトラへの餌やりを検討しよう。これは、目の前のトラにトングで直接餌をあげる、というものだ。いつ襲われてもおかしくない状況であるため、かなり危険度が高い。

ここでしか味わえないハラハラドキドキの餌やりを体験できるはずだ。また、「ノースサファリサッポロ」では、ワームの素揚げやカブトムシ、コガネムシの姿揚げなど、ゲテモノ料理を堪能することもできる。ゲテモノ料理に興味がある人は、ぜひ一度食べてみてほしい。

■まとめ

本記事では、スリルを味わいたい人向けに「ノースサファリサッポロ」の魅力を紹介した。

「ノースサファリサッポロ」は、日本一危険な動物園と言われる場所だ。中には誓約書を書かなければ入れない完全自己責任のエリアも存在する。

なお、この動物園では可愛らしい動物たちとも触れ合えるため、女性とのデートスポットとしても活用できる。動物に興味がある人は、ぜひ日本一危険な動物園「ノースサファリサッポロ」に訪れてみてほしい。

楽しんでいただけただろうか。今後も「男の隠れ家デジタル」らしい切り口で情報を紹介していきたいと思う。