JTと紅櫻蒸溜所のコラボといえば、昨年末に開催されたキャンペーンが記憶に新しいが、その第2弾がパワーアップして帰ってきた。紅櫻蒸溜所の代表ブランド「9148」をベースにボタニカルを自分の自由に漬け込みカスタマイズするというもの。

実はこれ、プルーム・エックスの代表銘柄「メビウス・リッチ」と「メビウス・メンソール・コールド」の味わいを引き立て、クラフトジンとのマリアージュを楽しむというもの。気になる詳細は以下の通りだ。

2種類のオリジナルクラフトジンがラインアップ!

紅櫻蒸溜所は「自由な世界、自由な発想、自由な価値観を」というコンセプトで少量生産で製法にこだわったクラフトジンを製造する、北海道・札幌の蒸留所。その代表銘柄「9148」はジョージ・オーウェルの小説『1984』にインスパイアされ「19」と「84」を逆さにして名付けられたという。世界的なスピリッツコンペティションでの評価も高く、金賞の受賞歴も誇る今注目のクラフトジンなのだ。

例えば、9184の定番銘柄「#0101」はジンの原料となる定番ボタニカルに追加して、北海道らしい食材を取り入れている。日高昆布や干し椎茸、切り干し大根など、和食で重宝される食材特有のうま味成分がバランス良く抽出され、唯一無二のまろやかで口当たりの優しい仕上がりとなっている。

このようにベースとなるジンに素材を漬け込むことで食事だけでなく、たばことの相性が良いクラフトジンも生み出せるというのだ。

なお、紅櫻蒸溜所ではクラフトジンを9148と呼称し、#4桁の数字はそれぞれのレシピに与えられる番号。

こうして、今回JTとのコラボで誕生したのが「メビウス・リッチ」と相性の良い「#0715 Smoky Rich Base」と、「メビウス・メンソール・コールド」に合わせた「#0616 Mint Cold Base」の2種というわけだ。

「メビウス・リッチ」×「#0715 Smoky Rich Base」

「#0715 Smoky Rich Base」は辛口で55度の高アルコール。ウッドチップで香り付けを施したスモーキーさが特徴となっている。さらにチップの香りに加え、ココナッツ、ナツメグ、ジュニパーベリーが配合され、苦味が際立つ大人のジンといった様相だ。

それだけで十分「メビウス・リッチ」の芳潤さにマッチするのだが、ここに付属するボタニカルを自分の好みで加えることで、オリジナルのジンが完成するというもの。

ブルーの鮮やかな色を付けるバタフライピーや、辛みを演出する唐辛子・ピンクペッパー、スパイスの定番カルダモンなどが付属する。個性の強い八角は「最初は砕いて1片、翌日、飲んでみてプラスしたければもう1片足してみる」など、少しずつカスタムし続ける楽しさがある。

たばこならではのしっかりした喫味がある「メビウス・リッチ」との相性も素晴らしいが、グリルした肉料理とも相性が良い。辛口のスッキリした飲み口が肉のうま味を引き立て、食中酒としても最適だ。

「メビウス・メンソール・コールド」×「#0616 Mint Cold Base」

「#0616 Mint Cold Base」は「#0715」とは対照的に、ペパーミントやジュニパーベリー、レモングラス、カカオニブなどを加えて冷涼感が感じられるベースとなっている。

漬け込むように用意されたボタニカルは、甘みを付け足すアプリコットやオレンジ、舌触りを変化させ甘みもプラスする氷砂糖、レモングラスやシナモンなどがラインアップ。全体的に爽やかな口当たりと味わいを演出する。

キレがある氷冷メンソールの「メビウス・メンソール・コールド」とのマリアージュが楽しめる一品となっているほか、スモークサーモンなどの魚料理や、カルパッチョのような酸味のある料理との相性も良さそうだ。

入手方法はひとつ、プレゼントキャンペーンに参加するのみ!

会員向けサイト「Ploom X CLUB」で上記の「クラフトジンキット」が抽選やポイントとの交換で当たる。応募期間は2022年8月4日まで。また、6月30日までの期間限定だが、全国の一部Ploom ShopにてPloomデバイスを所有する会員限定で無料試飲もできるという。気になる人はWEBサイトをチェックしてみては。

紅櫻蒸溜所

「Ploom X CLUB」キャンペーンサイト

【北海道】美酒の大地|豊穣なる自然と開拓者精神に乾杯
加熱式たばこ「Ploom X」とクラフトジンの「紅櫻蒸溜所」がコラボ! 豊潤な味と香りが楽しめるマリアージュを体験せよ
ジントニックとは? 自宅での作り方とジンのおすすめ銘柄3選