空前のキャンプブームにより、さまざまな人がキャンプを楽しむようになった。そのため、根っからのキャンパー向けではない、新たなニーズに対応したユニークなテントが登場しているのをご存知だろうか? 思わず、「こんなキャンプならやってみたい!」と思うようなアイデア商品も!

今回は、キャンプに興味が湧いてくるアイデアテントをご紹介する。

地面に接地しないメリットいろいろ! 空中テント「テントコット」

テントコットはまるで空中テント!

アウトドア用のコット(ベッド)の上にテントをつけるというアイデアで話題のテントコット。地面に接地せず、空中に浮かんでいるような格好になるのだが、これが結構、画期的。

まず、雨や湿気の強い日でも、不快な感覚なくテントのなかで過ごせる。「あの地面の冷たい感覚は、もう経験したくない」、と思う人にはぴったり。

そして、このタイプは手軽に組み立てが可能。2つのポールだけでカンタン手軽に組み立てられるので、女性や初心者にも便利。まずは設営をストレスなくやりたいと考える人に打ってつけなのだ。

また、地面に接地していないため、夜に雨が降ったあと、撤収するときにテントを乾かす時間が減るのもうれしい。サッと帰りたいときにもぴったりなのだ。

日陰をつくって過ごすこともできる

実はこのテントコット、角度が調整可能なダブルキャノピーシステムを採用。快適に日陰をつくってくれるので、日差しを遮りながら過ごすことができる。

コンパクトなタイプなので、ソロキャンプはもちろん、釣りや登山などのシーンでも活躍してくれる。ミニマムに手軽にキャンプを楽しみたい、という期待に応えてくれるだろう。

【商品概要】
商品名:KZM OUTDOOR「ブラック コット テント」
価格:23,800円(税込)
問い合わせ先:萬祥株式会社
公式HP:https://www.mansyou.co.jp/
TEL:03-5806-9360

車中泊キャンプを快適にする「車連結テント」

愛車にポップアップテントを連結

テントを立てず、車中泊でキャンプを楽しむ人も増えている。せっかくのアウトドア。夜、眠るのはクルマのなかでも、日中はテントのなかで快適にアウトドアを満喫したい。そんな期待に応えてくれるのが、車連結テント。

まるで自分の愛車に森のリビングが連結したかのようなビジュアルがまずそそる。車中泊だけでなく、キャンプライフも楽しみたい、と考える車中泊キャンパーにはおすすめのテントだ。

夜のテントの様子

昼間だけでなく、夕食後にくつろいだり、お酒を飲むときにも快適。なかは広々しているので、テーブルを置くこともできる。

CARSULEは、ポップアップタイプなので、4本のポールでカンタンに組み立てられるのも魅力。マグネットロープ付きで車両とのドッキングもでき、愛車の後ろに5分で設置完了できる。

奥行きは2Mあるので、窓を閉じればこのなかで眠ることも可能。車中泊キャンプから1つ進化して、快適でおしゃれなキャンプライフにステップアップしたい人におすすめのテントだ。

【商品概要】
商品名:CARSULE
価格:53,200円(税込)
問い合わせ先:HNY Trading株式会社
MAIL:support@hnytrading.jp
TEL:050-3155-0323

ついに1秒!投げるだけで設置OK「ワンタッチテント」

投げるだけで設置ができるワンタッチテント

キャンプ用テントの最近のトレンドといえば、ワンタッチテントやポップアップテントなどの設営がカンタンなタイプ。そんななかでも、投げるだけで設置が可能なタイプが登場。

なんと時間にして、1秒で設置ができるのだ。従来品と違って、ポールの組み立てがいらず、テントの設営が大幅にラクになる。テントの設営にハードルを感じて、キャンプに踏み出せなかった人、設営に時間がかかるのを面倒に感じていた人にとっては、待望のテントといえる。

テントの大きさは、3、4人がゆったりくつろげる広さ。グループや家族のキャンプにも利用できる。テント内にいても、開放感が味わえるよう、メッシュスクリーンと生地が2層になったドアが前後2つ、窓が左右に4つある。

アウトドアの森や海の自然を感じながら、キャンプライフを満喫できるテントになっている。設営はもちろん、ここで過ごす時間も快適なテントだ。

【商品概要】
商品名:ワンタッチテント
価格:14,800円(税込)
問い合わせ先:スリーグッド楽天市場店
販売ページ:https://item.rakuten.co.jp/threegood-mitsuyoshi/xy-zp76/

変速なカタチに楽しみ満載「ヤドカリテント」

ヤドカリのようなカタチには、いろいろな秘密が!

ヤドカリのようなユニークなカタチに目を奪われるが、よく見ると開放感と居住性を備えたテントが登場した。

構造は、2ルーム型のビッグワンポールテント。複雑に見えるが、テントを立てるだけでタープスペースまで確保できるようになっている。

サイドウォールを展開し前方を跳ね上げるとリビングスペースが広くなる

閉じた状態でも使えるが、サイドウォールは前方に跳ね上げることも可能。開放感のあるリビングに早変わり。家族やグループで、テーブルや椅子を置いて食事したり、ゆったりくつろいだりすることができる。

フロントのパネルには、サイドウォールが備えられているので、すきまなし。雨風の侵入を抑えたり、目隠しとしても使える。寝室用のインナーテント部分には、開国部が大きいD型ドアが2箇所あるため、風通しが良いのはもちろん、3方向からの出入りが可能に。

また、素材には夏涼しく、冬暖かいポリコットンインナーを採用。さまざまな工夫が施されたヤドカリテントは、キャンプ場で注目を浴びるだけでなく、実用性に富んだテントになっていた。

【商品概要】
商品名:DOD「ヤドカリテント」
価格:58,150円(税込)
問い合わせ先:ビーズ株式会社
公式HP:https://www.dod.camp/
TEL:050-5305-9905

アイデアテントは、これまでキャンプをやらなかった人の新たな体験を後押しするアイテム。まずは、さまざまなアイテムが登場していることをチェックし、ぜひキャンプデビューにつなげてみよう。

取材・文:岡本のぞみ(verb)

いま流行りのグランピングを徹底解説!全国のおすすめスポット10選も紹介!
軽キャンピングカーはここが凄い! 3つのメリットとデメリットを詳しく紹介