ちゃんと自立するからこそ、使えるシーンがたくさんある!

キャンパーにとって絶対必要なわけではないけど、あると便利なアイテムとして数えられるうちの一つがソフトバケツではないかと個人的に思っている。

実際、自分でも小さなタイプを2つ所有し、汚れた食器を漬け置きしたり、ジャグの水受けとして使用している。自分の用途では大きなサイズのソフトバケツは必要ないと思っていたのだが、このRIOSOLのバケツを見て考えを改める時が来たようだ。

まず、重要なポイントが完全に自立するということ。

バケツ内側の4カ所にポールを差し込むことで、ソフトバケツがしっかり自立する。上部に枠が搭載されたソフトバケツはよくあるが、使用すればするほどへたってくる場合が多く、そうなると自立しにくくなる。

しかし、RIOSOLのバケツは物理的にポールをスリーブへ差し込んで支えるため、長期間の使用でもへたりにくいという。

となると、使用できるシーンが自ずと広がるのは明白だ。ゴミ箱はもちろん、野菜・食器などの洗い場、ジャグの水受け、水汲みバケツ、足湯や足水、ランドリーバスケット、水遊びのドライバッグ、釣り道具のストレージバッグなどなど……。公式でオススメされる使い方は10通り以上もある。

ゴミ箱として使用する際には、内側にクリップが6つ設置されているのでゴミの分別もしやすい。また、バックルがついているので、蓋を閉めた状態でテントポールなどにバックルで固定することが可能。ゴミが風で飛ばされたり、野生動物に漁られる不安も解消される。


止水ジッパーを装備。

ゴミ袋をとめるクリップは6つ。

素材は塩化ビニルターポリンのため防水性と耐久性に優れており、上部のジッパーには止水ジッパーを装備。(※止水ジッパーは完全防水ではありません)

携行性については両手でも運べるようハンドルは2つ、さらに手や腕への負担を軽くするハンドルカバーも装着済みだ。折りたたむと厚さ約4cmまで薄くなるのもありがたい。

その時々のキャンプスタイルや遊び方に合わせて、使い勝手の良いソフトバケツとなっている。キャンプ用にソフトバケツを購入するか悩んでいる人に、ひとまずオススメしたくなる商品だ。

【商品概要】
製品名:RIOSOL キャンピングソフトバケツ
価 格:4290円(税込)
公式HP:RIOSOL 公式サイト

<取り扱いサイト>
RIOSOL 公式 Shop
RIOSOL 楽天市場店

男の隠れ家デジタルでは引き続き、アウトドアやキャンプにオススメしたい新製品や情報をお伝えしていく。

【2022年】おすすめのキャンプ用品35選!各種類の特徴や選び方を解説!
バーベキューを成功させる方法とは?おすすめグリル・コンロ10選も紹介
デイキャンプの魅力的な過ごし方とは?おすすめスポット17選をご紹介!