和歌山県観光連盟 × 男の隠れ家がコラボして実現!

お父さんパンダの永明(えいめい)。

日本にいるパンダ全13頭のうち、7頭を飼育するアドベンチャーワールド(和歌山県)。そのパンダ頭数日本一の立役者ともいえるのが、お父さんパンダの永明だ。

28年前に2歳で来日し、この9月で30歳の誕生日を迎えた永明は、人間の年齢ならおよそ90歳ながら今も元気いっぱい。そんな永明の誕生日を記念したイベントが8月28日、東京・ベルサール虎ノ門で開催された。

会場には150名のファミリーが駆けつけ、オンラインでも500名のパンダファンが参加した。

同イベントは和歌山県観光連盟と『男の隠れ家』がコラボしたもので、イベント名はズバリ『パンダの隠れ家』。特別ゲストも登場。多くのパンダファンが集結し、会場が熱気で包まれた当日の様子を紹介しよう。

ゲストは杉浦太陽さん! トークショーは大盛り上がり!!

(左から)和歌山観光シンボルキャラクター・わかぱん、わかやま紀州館長・古根川千寿子さん、杉浦太陽さん、アドベンチャーワールド・高濱課長、飼育スタッフ・中谷有伽さん、南紀白浜観光協会副会長・佐藤智之さん。

スペシャルゲストの杉浦太陽さんは、永明と同じ子だくさん。イベントではパンダ飼育スタッフの中谷さんとのトークショーや抽選会で会場を盛り上げてくれた。

オープニングに登場したわかぱん。会場のちびっ子たちのハートをキャッチ。
クイズで会場を盛り上げた中谷さん。

パンダのぬいぐるみやお菓子などアドベンチャーワールドオリジナルグッズも用意された。

入場者に配られたパンダの帽子。

入場者に手渡された袋の中には、パンダがモチーフのお菓子がたくさん。さっそく袋を開けたチビッ子たちは大喜び。

左から、おやつカルパス(株式会社ヤガイ)、野菜をMOTTO(モンマルシェ株式会社)、ヤンヤンつけボー(株式会社明治)、さくさくぱんだ(カバヤ食品株式会社)

豪華景品が当たる抽選会で、会場のボルテージは最高潮!

大きなパンダのぬいぐるみや南紀白浜のインフィニートホテル宿泊券などが当たる抽選会は、この日一番の盛り上がりを見せた。

フォトスポットやパネル、わかぱんなど、パンダであふれかえったロビーでは、開場するやいなや、いたるところで記念撮影が行われた。特にわかぱんは子どもたちに圧倒的に人気で、休む暇もないくらい大忙し。

こうして大盛況のもと、初めての試みとなったイベントは幕を閉じたのだった。

【イベント概要】
和歌山県観光連盟×男の隠れ家『パンダの隠れ家』
開催日:2022年8月28日(日)
主催:和歌山県観光連盟わかやま紀州館
協賛企業:カバヤ食品株式会社、株式会社明治、モンマルシェ株式会社、株式会社ヤガイ (社名五十音順)
特別協力:アドベンチャーワールド
協力:株式会社三栄、南紀白浜観光協会

富をもたらす神“えびす”=鯨。食・祭り・伝統芸能が伝承される捕鯨文化とは(STORY #032)
女人禁制の聖地・高野山の麓で祈りを捧ぐ「女人高野」の歴史(STORY #096)