■全て聴き、全て扱う偏らないジャズへの想い

古くは日光街道の宿場町として栄え、足立区の主要ターミナル駅でもある北千住。多くの人が行き交うこの街で、商店街の路地裏に上質な音を響かせる空間がある。「jazz spot Birdland」だ。

店主の森川久生さんが平成2年(1990)に葛飾区金町で創業し、2年後に現在の場所へと移った。時代はバブル崩壊前夜。「カフェやバー、花屋なども経営しましたが全て手放し、この店だけを大切に守り抜いてきました」。

カウンター右側にレコードや機材をレイアウト。

19世紀の終わりにアメリカで生まれ発展を遂げたジャズという音楽について、ここで詳細を紐解くことは避けよう。ただ一つ確実にいえることは、ジャズはその内包する多彩なジャンルに問わず、時代を超えて人々を魅了してきた。そして現在進行形で老若男女に愛され続けている音楽だということ。

森川さんはニューヨークの老舗ジャズクラブと同様に、モダン・ジャズの祖といわれるチャーリー・パーカーの愛称“バード”にあやかり、この店名を付けた。言うまでもなく心からジャズを愛し、同じくジャズを愛する人たちが集う場所にしたいと願う深い想いが店内の隅々まで伝わる。

アンプやプレーヤーも含め良い音へのこだわりは強い。
JBLのスピーカーはお気に入りの機材。数年前からさらに音が良くなった。

名盤を良い音で聴く、とても単純ながら実現するのは難しい。プレーヤーやアンプ、スピーカー、音を聴くための機材や環境にこだわり、納得のいく空間へと時間をかけて仕上げてきたのだ。

ここでは国内外で活躍する名だたるジャズプレーヤーたちが演奏することもある。客は皆、珈琲や酒を片手にラフに音楽を楽しむ。ジャンルレスでジャズを愛する森川さんだからこそ、成り立つ開放感がそこにある。

そう、ここは“ジャズに酔う”場所なのだ。

コーヒーとケーキセット(1000円)。
約4000枚のLPと1500枚のCDが棚にぎっしりと並んでいる。
アードベッグのダークコーヴや店の20周年を祝した特別ラベルのブラックアダーなどレアな酒もある。

【公式LINE】「週末の隠れ家」開始! “LINE”で“無料”でサラっと読める面白い情報

■店主とっておきの一枚

DEAR JOHN C
エルヴィン・ジョーンズ
レーベル:Impulse!

伝説的ドラマーのエルヴィン・ジョーンズのアルバムをセレクト。共に音を奏でたモダンジャズ界の巨匠であり、サックスプレーヤーのジョン・コルトレーンの名を冠した名盤である。

■音響機材

レコードプレーヤー:Technics SL-1200G
アンプ:(プリ)LUXMAN CL35-MK-Ⅲ、(パワー)DYNAKO MARK-Ⅲ
スピーカー:JBL 4312 MK-Ⅱ

jazz spot Birdland
平成2年(1990)創業
東京都足立区千住1-31-8
TEL:03-3888-1130
営業時間:12:00〜24:00(日曜はライブのため変動あり)
定休日:月曜
席数:テーブル12席・カウンター11席
アクセス:JR「北千住駅」より徒歩4分

文/田村 巴 撮影/菊田香太郎

秘密の名店。評論家が厳選した都内グルメバーガー7選!
ベンチャーの街・五反田で見つけた、実験的なビールを造る醸造所
チ・ケ|アルゼンチン・タンゴのリズムに哀愁と浪漫漂う旋律が重なり、小さな空間に鳴り響く。