マスター・オブ・ウイスキーのセレクトで新たな味に出会う

扉を開くとウイスキーボトルがずらりと並ぶ光景に圧倒される。一体どれだけウイスキーを極めたらこの域に到達するのだろうか。オーナーバーテンダー鈴木勝二さんに聞くと

「はじめはウイスキー専門とかは考えてなかったんですよ。お酒が大好きだったからバーを始めたんです」と意外な答えが返ってきた。

普段ウイスキーをあまり飲まなくても心配無用。ウイスキー以外のカクテルなども充実しており、鈴木さんが好みや酒の強さを聞きながらぴったりの飲み方を教えてくれる。

鈴木さんは長年飲食店で働いた後、平成13年(2001)に店をオープン。この時ウイスキーと他の酒の割合は半々ぐらい。その後ウイスキー文化研究所と縁ができた鈴木さんの運命を変えたのが、平成16年(2004)に作られた「ウイスキーコニサー」という資格だ。

持ち前の探究心から、第一回目の試験でエキスパートに合格。続けてプロフェッショナルも合格し、平成24年(2014)には、ついに最高峰のマスター・オブ・ウイスキーの第2号の称号を手にした。

「当時はまだ教本がなくて、とにかく勉強しましたね。でも今考えるとその時に身につけた知識が役に立っています」と鈴木さんは誇らしげだ。

もちろんジャパニーズウイスキーも揃う。
マスター・オブ・ウイスキーの紀章には「No.MW002」の表記が。

そして徐々に店に置くウイスキーも増えていき、今ではその数は1000本を超えるという。

「ウイスキーが苦手という人は、自分に合うウイスキーを見つけていないだけだと思うんです。この店でウイスキーとの新しい出会いを手助けができたら嬉しいですね」と鈴木さん。その雰囲気に思わず新しい味にチャレンジしてみたくなる。

天井近くの収納はボトルが増えるにつれて増設。

■Recommended whisky

マノックモア12年
John O’Groat’s 20周年記念ボトル

スペイサイドの蒸溜所で造られるスコッチ。フレッシュでクリーンな香りが特徴で、フィニッシュはコーヒーやシナモンのような香りが愉しめる。同店20周年を記念して作った限定のボトル。1800円。

ジョン オグローツ
埼玉県草加市高砂2-10-20
TEL:048-928-3228
アクセス:東武鉄道「草加駅」よりすぐ
HP:食べログ

編集部からひと言

男の隠れ家デジタルでは他にもたくさん“週末のお役立ち情報”を発信しています。興味があればここを参考に。

「男の隠れ家デジタル」はLINE公式アカウントを開始。名だたるキュレーターを“週末コンシェルジュ”として迎え、関東在住の男性へより充実した休日の過ごし方を提案します。毎週末、オススメ記事をまとめて配信!

・人気ラーメンYouTuber・SUSURU激推しラーメン店
・“サウナ王”太田広だからこそ知る穴場サウナ
 など

魅力的なコンテンツを揃えています。登録はこちらから3秒で完了! 友だち追加してください。

世界5大ウイスキーのおすすめ銘柄22種類一覧|選び方や飲み方付
トワイスアップの特徴は?香りを際立たせるおすすめの銘柄9選を紹介