■自然の中で完成する天然素材にこだわるギア

●ピーターさん(Instagram/peter__camp_)

(※その他の写真は【関連画像】を参照)

作れるものは自分で作れ、幼い頃からそう教えられて育ったというピーターさんは、アウトドア好きの祖父の影響でよくキャンプに出かけていた。

大人になり一人で楽しむキャンプを知ってからは、キャンプ芸人の阿諏訪泰義さんがテレビでレザークラフトを紹介しているのを見て、ものづくりの魅力に惹かれていった。

タープは香港のアウトドアブランド「Luxe outdoor」の「Minipeak XL(3P)」。

「友人に頼まれて、余った軍幕でクロスを作ったことがあって。それをインスタにアップしたら思いのほか反響があったので、自作のクラフト製品を販売するためにブランド『フィールド ツールズ ルーデンス』を立ち上げました」

インスタで知り合ったものづくり仲間とキャンプをし、話しているとアイデアが湧いてくるというピーターさん。天然素材にこだわる自身のブランドギアは製作に時間がかかるため、ユーザーを待たせてしまうのが悩みの種だとか。

アマゴにハーブソルトをかけて食す。

キャンプでの楽しみは、野山を散策しながら自然の写真を撮ること。釣りが好きで渓流沿いによく行くという。

そこに作りかけのククサやスプーンを持って行き、自然に囲まれながら仕上げている時間が一番のぜいたくだとピーターさんは話す。

「Silky」の「Outback Pocketboy」。持ち手のフィット感がお気に入り。

■MY FAVE

●Field Tools LUDENSのバックパック

天然素材で作られたブランドの代表作。ベルトを取り付ければ自由自在にカスタムが可能。

●Field Tools LUDENSのカスケット

花が咲くイメージで作られた「ブルームカスケット」。食料やクッカーをまとめるのに最適。

●Field Tools LUDENSのスタンド

キャンプ仲間のjojoけんさんと共同開発。独自配合クリームでヴィンテージ感漂う仕上がりに。

夫妻それぞれの嗜好を取り入れた唯一の空間|キャンプmy style
キャンプを通して気づいた地元・北海道の魅力を発信|キャンプmy style
キャンプを始めて新たに開いた料理の扉|キャンプmy style