まさに日本が世界を牽引するといっても過言ではないのが、カメラの世界だ。デジタル一眼レフを筆頭に日本のブランドがほぼほぼ市場を独占しているといってもいいだろう。そんな世界に誇る日本のカメラ製品の“いま”が集結する「CP+2024」が、今年も本日より開催される。

「CP+2024」は今年も会場とオンラインの同時開催!

CP+はカメラや関連機器の展示会で、2010年より年に1度開催され、関係者だけでなくカメラや写真が好きな一般客も入場できるイベントだ。イベント会場は写真の街ヨコハマのパシフィコ横浜で、2024年は2月22日(木)〜25日(日)までの4日間開催される。

また、オンラインイベントは公式ウェブサイトで22日(木)10:00〜25日(日)23:59まで開催。会場に行けずとも、最新のカメラ事情を知ることができる。

ステージでは各界のクリエイターによる多種多様なステージイベントが用意されるほか、家族向けのワークショップなどもある。

そのほか会場では特別写真展やプラレールジオラマ、ペーパークラフト大都市ジオラマ、VIDEOGRAPHERS TOKYO IN CP+、コエド芋パークの出店など楽しみがたくさん。

男の隠れ家デジタルでは、一足先に会場に潜入してきたのでカメラの祭典の雰囲気をお届けしよう。

そしてこの三連休、特に予定がないならば試しに足を運んでみてはいかが?

【開催概要】
日時:
 2月22日(木)12:00〜18:00
 2月23日(祝)10:00〜18:00
 2月23日(土)10:00〜18:00
 2月23日(日)10:00〜17:00
会場:パシフィコ横浜
入場料:無料(WEB事前登録制)
公式HP:https://www.cpplus.jp/

「ツアーのあいまに手にするカメラで切り取る、なにげない風景に心をほどく」|ピアニスト・反田恭平