テレビ神奈川、TOKYO MX、BS11ほかにて放送中のドラマ「ねこ物件」(毎週金曜 後11:00)に出演する俳優の細田佳央太さん。同作では、二星優斗(古川雄輝さん)は、不動産業で生計が立っていたので、働いたことはありません。祖父の幸三(竜雷太さん)と、一緒に暮らす2匹の猫の世話だけをしていました。ある日、祖父が脳梗塞で突然他界し、相続税を支払うためにほとんどの不動産を手放すことになることを告げられます。そこで家を改築して猫と暮らすシェアハウスを始め…猫と暮らす癒やし系ドラマです。細田さんはシェアハウスで暮らす立花修役で出演します。

 オトナンサー編集部では、細田さんにインタビューを実施。台本の感想や猫との共演について聞きました。

自由気ままな猫がうらやましい

Q.台本の感想をお願いします。

細田さん(以下敬称略)「役に関しては難しいとはそんなに思いませんでした。ただ、実年齢より年上の役なので、自分がその年齢に見合うか不安でした。でも綾部真弥監督は『そこは気にしなくていい』いいと仰って。ポジション的なことも衣装合わせですると言ってもらえたので、難しい印象はありませんでした。

僕は猫を飼ったことがないので接するときに、どう接するのがいいか心配はありました。修の猫のどの部分が好きっていうのが、節々で感じられ表面上じゃないので、ある程度のなれは必要かなと思いました」

Q.役と似ているところはありましたか。

細田「立場的に優斗の補佐したり、話し合いになったときに、決めるのは優斗だけど話をまとめるのは修です。学生時代そういうポジションが好きだったので、立場的には似ているかもしれません。中身は修君の方が優秀です(笑)」

Q.猫との共演は楽しかったですか。

細田「難しかったです。想像以上に自分に素直な生き物でした。思い通りにいかないし、自分たちが下手に出ないといけないとは思っていましたが、ここまでかと思いました」

Q.猫から学んだことはありますか。

細田「自由気ままなところがいいなと思いました。猫は自分がこうしたいからこうしますっていう感じです。人間でそうしようと思ったらハードなことだと思いますし、キャリアや年齢や地位が必要じゃないですか。でも猫にはそんなことは関係なく、それがうらやましいなと思いました。自分の意見を持って、それを言える人間になりたいなと思いました」

Q.演じる際に意識していることを教えてください。

細田「とにかく、同じモチベーションで一生懸命やることです。ありがたいことに、前と比べて、関わらせていただける作品が増えた一方で、一つ一つの作品と本当に向き合えているのか、こなしているんじゃないかと不安に思う瞬間が増えてきてました。映画『町田くんの世界』という作品をやらせてもらったときに、本当にその作品のことしか考えられないくらいいっぱいいっぱいになりました。それが理想なんですが、なかなか自分の中でここまでできていることはないなとどうしても思っています。

周りを見るいい意味での余裕ができているってことなんですが、マックスを体感してしまうと、どうしてもそこを基準にしたくなり、一生懸命できているのか、小手先の芝居になっていないか不安になります。あの作品で一生懸命のピークを味わってしまいました。そこにいけるように頑張っていきたいです」

Q.理想の俳優像はありますか。

細田「こうなりたいみたいなのは作らないようにしています。割と正解を探りたいタイプなので、その人みたいになりたいという人を見つけてしまうと、その人のまねしかしなくなるんですよ。ゼロからイチを生み出す仕事なのに、人の作ったイチをコピーするみたいなつまらない男になるので、理想は持たないようにしています」

 ドラマ「ねこ物件」は放送中。