俳優の橋本愛さんが主演を務める連続ドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系、毎週水曜 後10:00)の第1話が7月20日に放送されました。合格率100%を誇る謎の“家庭教師トラコ”こと根津寅子を演じる橋本愛さんの多彩な演技に、視聴者から「橋本愛の演技力に魅了された!」「魅力爆発してる!」「振り切ってる!」といった声が多数、SNSに書き込まれ、話題になっています。

 ドラマは、連続ドラマ「家政婦のミタ」「○○妻」「過保護のカホコ」「35歳の少女」(すべて同局系)、「となりのチカラ」(テレビ朝日系)などの遊川和彦さんが脚本を担当。「家政婦のミタ」の大平太プロデューサーと再タッグを組んだ“個別指導式ヒューマンドラマ”です。

 物語は、コスプレが趣味だという謎の家庭教師トラコが「自分の子供を志望校に合格させたい!」という切実な願いと、親には言えない“深刻な問題”を抱えている3人の母親と3人の子供たちを救っていく……という展開です。

 第1話では、一人娘・知恵(加藤柚凪ちゃん)を有名私立校に入学させたい中村真希(美村里江さん)、中学受験を控えた高志(阿久津慶人さん)を育てながら実家の定食屋で働くシングルマザーの下山智代(板谷由夏さん)、東大合格を目指す高校生の守(細田佳央太さん)の生みの親で大手銀行の重役の後妻・上原里美(鈴木保奈美さん)が登場。

 知恵、高志、守の家庭教師をすることになった寅子が、中村家、下山家、上原家にそれぞれ違うコスプレで家を訪問。

 橋本さんが、中村家では落ち着いた雰囲気の女性、上原家では色気あふれる女性、下山家では元気いっぱいの女性と各家庭ごとに、表情や声色を変えた演技を披露しました。

 SNSでは「多種多様な演技力すごい…」「演技の幅すごすぎて違うドラマ見てるみたいだった…」「まさに、カメレオン演技!」といった声も寄せられています。