俳優の高橋文哉さんが7月28日、東京都内で開かれた「第32回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」のオープニングセレモニーに出席しました。

 高橋さんは、輝かしい活躍を見せる俳優やクリエイターに対し「新しい波(ニューウェーブ)を起こして欲しい」という気持ちを込めて表彰するものとして設立された「京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード」の男優部門を受賞。

 高橋さんは今年、テレビドラマ「ドクターホワイト」(関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ)や「悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜」(日本テレビ系)のほか、映画「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜ファイナル」「牛首村」などに出演。今回の受賞は、数々の映画、ドラマで、「愛すべき後輩キャラクターからシリアスな役どころまで、幅広い役柄を対応できる技量を発揮し、今最も注目すべき俳優の一人であるとともに、今後のさらなる活躍に期待」して、受賞が決定しました。

 高橋さんは受賞について「皆様のおかげでいただけた賞だと思っています。この賞に恥じない役者になりたいです」とコメント。続けて「メロンが好きなので役者としてだけでなく、個人的にもうれしいです。匂いで幸せになりました(笑)」と喜んでいました。

 映画祭は、「世界で一番、楽しい映画祭」を合言葉に、北海道夕張市で1990年より毎年開催。夏の開催は今回が初。2020年、2021年はビデオオンデマンドサービス「Hulu」でのオンライン配信のみでしたが、2022年は3年ぶりに夕張市内で現地開催されます。夕張市でのリアル上映は、7月29日から30日。各作品は、Hulu&映画祭の公式オンデマンドで同月28日 午後7時30分からスタート。

 セレモニーには、高橋さんのほか、同賞の女優部門を受賞した堀田真由さん、クリエイター部門を受賞した荒木哲郎監督も出席。さらに、俳優の黒木瞳さん、佐藤寛太さん、平祐奈さんがオープニングゲストとして参加しました。