お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太さんと、女優の蒼井優さんの結婚。その結婚会見は、芸能史に残るほど祝福ムードにあふれたものでした。ただ、好事魔多しというべきか、一抹の不安もあります。男性芸人の結婚の意外な難しさです。

結婚は飛躍の好機となりうるのか

 何しろ、あの明石家さんまさんですら、結婚してつまらなくなったと言われたものです。妻の大竹しのぶさんやその連れ子である長男、そして2人の実子である長女のIMALUさんへの配慮から“日本一のサイテー男”というキャラを封印してしまったのが原因でした。しかし、離婚によってそのキャラを復活させ、しかも、バツイチ(=さんまさんが広めた言葉)になったことをネタにすることで、さらにパワーアップしました。

 では、山里さんがどうかというと、こちらは長年“非モテ”キャラでやってきました。そこから発せられる「毒」が大きな武器です。それゆえ、会見でも、

「引き続き、人のことをねたむし、ひがむと思う。モテなかった人間が結婚して変わるんじゃないかと言われる。それは変わらない」

と“キャラ続行”を宣言。しかし、世の男性がうらやむ美人女優との結婚は、やはり、「お前が言うな」という空気を生むでしょう。例えば、アンガールズ・田中卓志さんほどには、その手の毒が説得力を持たなくなるかもしれません。

 ところが、山里さんの場合、これはむしろ飛躍への好機です。というのも、彼は現在、さまざまな仕事をこなしていますが、世間的に印象が強いのは日本テレビ系情報バラエティー「スッキリ」での「天の声」や、同局のバラエティー「ヒルナンデス!」のコーナー「3色ショッピング」の進行などでしょう。司会を任されるにしても、他のタレントとの共同MCという形が多かったりします。

 レギュラー番組を数多くを抱える人気者ですが、堂々たるメインMCという扱いは、ほとんどされていないわけです。しかし、彼はおそらく、ゴールデンやプライムの番組を1人で仕切れる人です。その司会能力は、ウッチャンナンチャンの内村光良さんや、くりぃむしちゅーの上田晋也さんに匹敵するレベルだと思われ、特に「例えツッコミ」のうまさは他の追随を許しません。

 小型自転車に乗った相方のしずちゃんを「サーカスの熊」と呼んだり、髪も衣裳もカラフルな美輪明宏さんを「巨大なセキセイインコ」と表現したり。透明感については「釣ったばかりのイカ」、差がありすぎることは「紙相撲に力士が来ちゃった」に変換しました。「僕、アスベストじゃないですから」と自虐にも適用しています。

 そんな能力を自在に駆使して、大人数のゲストが集う現場を回し、盛り上げるのも十分に可能なことでしょう。現在、そういう役割があまり与えられていないのは、もっぱら、女性の支持が低そうというイメージのせいです。そこが、テレビ局やスポンサーに二の足を踏ませてきた原因と考えられます。いわば、非モテキャラの完成度の高さゆえに、真の実力が見えにくい芸人でした。

オードリー・若林正恭さんの“予言”

 しかし、今回、そのイメージは激変しました。女性からの支持が上昇したことで“ポスト内村”“ポスト上田”の一番手として、一気にクローズアップされるのではないでしょうか。

 そんな未来を、去年の時点で予言していた人がいます。山里さんの著書「天才はあきらめた」(朝日文庫)の解説を書いた、オードリー・若林正恭さんです。同期でありながら、YouTubeで山里さんの動画を繰り返し見るほど畏敬していた若林さんは「山里亮太よりコメントを拾うのがうまい芸人に、ぼくはマジで会ったことがない」と絶賛します。

 しかも、最近、山里さんのしずちゃんやファンへのスタンスに愛や感謝が見て取れるようになったとして、若林さんは「妖怪が愛を知ったら、どの物語でも感動が止まらない」と指摘し、ライバルでもある友人へ、こんな屈折した期待をつづりました。

「彼が、愛をさらに膨らまし伴侶を見つけでもして、人情系あったかMCになるのがぼくは怖い」

 そう、この言葉通り、山里さんは素晴らしい伴侶を見つけました。そのうち、子どもも生まれるかもしれません。これまで非モテキャラとして毒も吐いていた人ですから、酸いも甘いも知った上での愛あるツッコミは、ひと味違うものになりそうです。

 これから「人情系あったかMC」になっていくであろう山里さんが、どんなすてきな番組を見せてくれるのか、楽しみに待つとしましょう。