アニメ「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ系)では現在“10週連続ゲスト声優まつり”が行われています。12月15日に迎えるフィナーレでトリを飾るのは、女優の吉岡里帆さん。12月8日の次週予告では、

「マイクを持って、道でガサゴソ。ちょっと不思議な旅人として登場します。その正体は?」

 とあいさつしました。これについて、SNS上では「未来のまる子を車のCMでやってたよね」「空青思い出す」「神回決定」といった声が。昨年、ダイハツ「ミラ トコット」のCMで大人になったまる子を演じたことや、今年公開のアニメ映画「空の青さを知る人よ」でヒロインを務めたことなどから、期待が大いに高まっています。

 しかも、ちらっと紹介された映像には、さくら家のお茶の間できつねうどんを一緒に食べる場面が。吉岡さんが「どんぎつね」に扮(ふん)している日清食品「どん兵衛」のCMを連想させる趣向です。

男性は「かわいい」、女性は「あざとい」

 とまあ、何かとワクワクさせる展開なのですが、彼女の仕事の引き出しはこれだけではありません。前出の「空青」で芯の強い古風な姉を演じたかと思えば、ほぼ同時期のR指定映画「見えない目撃者」では、視力を失いながら事件を追う主人公という難役をこなし、今期の連続ドラマ「時効警察はじめました」(テレビ朝日系)では、自由な新人刑事に扮しました。

 何しろ作品数の多い人なので、どの作品を見たかによってイメージも変わってきます。ただ、その中でも強烈なのは、それこそ誰もが目にしやすい前出のCMキャラクター「どんぎつね」の印象ではないでしょうか。

 そして、こうした状況はもしかしたら、彼女を少し憂鬱(ゆううつ)にさせているかもしれません。「空青」のパンフレットでこんな発言をしています。

「最初は、私自身の顔が声からイメージされてしまうと邪魔になると思ったので、普段とは全然違う声で演じてみたいと監督にお話をしたんです。それに対して監督は(中略)普段あなたが使っている声で、しっかり感情を乗せて演じてほしいと言ってくださって。その言葉が、私のお守りになりました」

 声優をやる場合、演じ手の顔を忘れさせるほど役になりきるのが基本でしょう。しかし、それとは別に彼女は、自分の顔が浮かんだら映画を見たくなくなる人もいるのでは、という不安を抱いていたように思わされました。

 というのも、彼女は過去にしていたグラビアを巡る発言で、批判を浴びたことがあるのです。

「初めは戸惑いもあったけれど、グラビアの仕事ができて、今思うとすごく感謝してて、この仕事をしてる人たちにリスペクトがあるという話をしたのに『嫌だった』ということばっかりバーッと書かれてしまって」(文春オンライン)

 もともと、彼女は男性ウケのいいタイプで、女性からは逆に嫉妬をされやすいように思えます。

 ブレーク作のNHK連続テレビ小説「あさが来た」で演じた眼鏡女子とは裏腹の「ナイスバディー」の持ち主。そんなギャップも、男性には「かわいい」、女性には「あざとい」につながるわけです。

マイナスはプラスに変えられる

 しかし、本人は演劇や映画が大好きで芸能界に飛び込み、バイトをしながらの下積みを経てここまで来ました。もっと芝居そのものに注目してほしいというところでしょう。

 そんな葛藤は、一時期の田中みな実さんにも通じる気がします。こちらも、報道志望なのにぶりっ子キャラで注目され、そのズレに苦しんだようです。吉岡さんとは、男性ウケする容姿や正直な発言、ストイックな自分磨きといったところも似ています。

 そういう意味で、田中さんが今、女性に憧れられる存在になったようなことが、吉岡さんにも起きる可能性があります。そのカギは何なのか。実は、そこに魔法はありません。芸能人として結果を残し続けることが、反感を「あの人、やっぱりすごい」というリスペクトに変えるのです。

 過去には、松田聖子さんや川島なお美さんもそうやって同性にも認められる人になっていきました。芸能界とは「絶対値」の世界で、マイナスはプラスに変えられます。怖いのはむしろ、無関心なのです。

 吉岡さんも、そのあたりはよく分かっているようで、こんな発言をしています。

「私はそもそも自分の中に嫌われる要素があるなと思っていて。そういう部分はちゃんと受け入れて、それでも皆さんに真剣に作品を届けたいと思っているので。嫌われても、私は作品を見てくださる方が好きだから。(中略)失敗する、嫌われるかもしれないと思っていてもやる。そういうことを生きていく上で大事にしたいんだと思います」(BuzzFeed Japan)

 これこそが、多様な仕事を精力的にこなす理由なのでしょう。根っからの芝居好きである彼女にはきっと、芝居の神様がさらに大きなご褒美をくれるはず。そんな気がしてなりません。