若い頃の写真を息子に見せたときのことを描いた漫画がSNS上で話題となっています。部屋を掃除しているとき、自分が20歳だった頃に妹と撮った写真を発見した母親。懐かしんでいると、5歳の息子(長男)が「ママ、何見てるの?」と聞いてきて…という内容で「うちも分かりませんでした」「気付いてあげて」「私も眉毛なかったです」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

細い眉がかわいい時代で…

 この漫画を描いたのは、ちひろ@3兄弟育児漫画(ペンネーム)さん(36)です。普段は主婦として、子育てをしながら漫画を描いています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

ちひろさん「三男を産んでから、息抜きに趣味で描き始めたのがきっかけです。インスタグラムに投稿し始めたのは2019年の秋からで、今年の春からはデジタルに変えて投稿しています」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

ちひろさん「若い頃の私を初めて見た息子の反応が面白くて、それを漫画にしようと思いました」

Q.この後、息子さんはママだと信じてくれたのでしょうか。

ちひろさん「『ママだよ』とは伝えましたが、最後まで納得していない顔だったので、多分信じていないと思います(笑)十数年も前の写真なので、そりゃママだって分からないよね…と思いつつも、少しショックを受けました」

Q.ママの若い頃の写真を見たのは、これが初めてだったのですか。

ちひろさん「初めてです。それまでは、長男が生まれたときくらいの自分の写真しか見せていませんでした」

Q.若い頃の写真を見て、ご自身でも「変わった」と思われますか。

ちひろさん「はい、とても思います(笑)髪型も違いますし、今では考えられないですが、当時は細い眉がかわいいという感じだったので、私も眉をほぼないくらい細くしていました」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

ちひろさん「私と同じように、子どもに自身の若い頃の写真を見せても信じてもらえないママさんから、共感のコメントを頂きました。同じ世代の方からは『私も若い頃、眉毛なかったです!』というコメントが多かったです」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

ちひろさん「これまで通り日常を描き続け、みんなが共感できて笑える、そして、たまに涙ありの育児漫画を描いていきたいです」