夫との中学生時代の思い出を描いた漫画「隣の席だった頃の話」がSNS上で話題となっています。中学生の頃から10年間付き合った後、夫と結婚した女性。中学校で隣の席同士だった2人は交際前から、今思えばくだらない遊びをしており…という内容で「かわいすぎます」「青春でしかない」「手のひらにボンドはやってました」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

二度と戻らないあの時間を…

 この漫画を描いたのは、もこ(ペンネーム)さん(25)です。同級生夫婦の日常や過去の出来事をインスタグラムやブログ「もころぐ」に掲載しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

もこさん「今年の元日からです。何か新しいことを始めたいと思っていました。学生の頃から友人たちに、私たちの恋愛は少女漫画みたいで漫画にできるよって言われていたので、一度描いてみようかなあと始めました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

もこさん「漫画に出てくるスティックのりやポスカを日常で目にするたびに、バカなことをしてたなあと、二度と戻らないあの時間を思い出します。今でも、私が何か楽しそうなことをしているとよく『貸して貸して!』と言ってくる夫。今と変わらない交際前の出来事を描き残したい、くだらないけど地味に楽しくて、同じことしてた人もいるんじゃないかなと思い、描いてみました!」

Q.中学生時代から10年間付き合った後に結婚はすごいですね。今でも学生時代の話はよくしますか。

もこさん「そんなにしょっちゅうはしませんが、たまに2人で学生時代の思い出に浸ることはあります! ささいな出来事も日記に残していたので、それを読み返すと当時が鮮明によみがえり、お互い少し照れくさくなります」

Q.旦那さまを恋愛対象として意識しだしたのはいつごろで、 きっかけは何だったのでしょうか。

もこさん「中学2年生の秋ごろです。春夏と同じクラス、隣の席で過ごしてきて、私の中で彼は大きな存在ではありましたが、友人に『(彼は)私のことが好きだと思う(ただの推測)』と言われたことがきっかけで、恋愛対象として本格的に意識し始めました」

Q.告白はどちらからで、どんなシチュエーションでしたか。

もこさん「告白はメールでした! 両片思いの中、先に気持ちを告白してくれたのは彼の方ですが、待ってましたと言わんばかりに私もすぐに応じました。『好き』と言われて、『付き合ってください』と言いました(笑)」

Q.夫婦になったことで、これまでと何か変わったことは。

もこさん「10年間ずっと、他人に彼のことを話すときは彼氏と呼んでいましたが、それが夫、主人に変わり、とても照れくさいです。内面的には結婚前から、『籍を入れていないだけで夫婦みたいなもんだね』と2人で話していたくらい、特に変わったことはないです!」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

もこさん「『懐かしい』『青春だー』等の声を頂きました。皆さんに青春だと言われて、あれは青春だったのかと気付かされました。何気なく描いた話だったので、まさかこんなに多くの反響を頂けるとは。うれしいです」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

もこさん「描きたい話や挑戦したいことはいろいろあるのですが、いかんせん、イラスト技術と語彙(ごい)力が乏しいもので…(泣)表現力向上を目指して、これからもエッセー漫画を続けていくとともに、グッズ等も作れたらいいなと思っています」