12月2日にファーストシングル「Step and a step」をリリースし、正式にデビューを果たした9人組アイドルグループ・NiziUが次々に快挙を達成しています。

 プレデビュー作のデジタルミニアルバム「Make you happy」の表題曲が女性アーティスト史上最速でストリーミング累計1億回再生を突破。グループ名が「新語・流行語大賞」にノミネートされ、「NHK紅白歌合戦」にデビューから史上最速で初出場が決定するなど、数々の歴史を揺るがす記録を打ち出しているNiziU。メンバーはソニーミュージックとJYPエンターテインメント(以下、JYP)による合同オーディションのプロジェクト「Nizi Project」(以下、虹プロ)で、約1万人の応募者から選び抜かれた9名で構成されています。

人間として大切なことを教える

 虹プロが始動したのは2019年2月のことです。JYPの創業者で男性アイドルグループ・2PMやガールズグループ・TWICEをスターダムに導いたプロデューサー・J.Y.Park氏が“虹”のような個性を持つアイドルグループを発掘・育成するため、同年7月から8月にかけて、日本国内8都市と米ハワイ、ロサンゼルスの10カ所で予選オーディションを実施。そこで選ばれたのはわずか26人でした。9月に行われた東京合宿でさらに14人に絞られ、辞退した1人を除く13人が12月に韓国へと渡ったのです。

 Huluでは今年1月から、「Nizi Project パート1」として予選からメンバー決定までの過程が放送されました。当初、虹プロという企画を知っている人はごくわずかでしたが、パート1の終了後から、12カ月にわたる韓国合宿の模様を映したパート2の中盤にかけて広く認知されるように。その理由はパート1がYouTubeでグローバル公開され、Huluの有料会員だけでなく、世界中の人が無料で視聴できるようになったことが一つです。

 さらに、朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)で定期的に特集が組まれ、同じく、日本テレビの深夜枠で最終メンバー決定までを追った番組「虹のかけ橋」が放送開始となったことで、普段はK−POPや配信番組に関心のない層にも虹プロの存在が知れ渡ったと考えられるでしょう。個人的な出来事ではありますが、最終メンバー決定直前のある日、ふらっと入った飲食店で、50〜60代と見られる店主が常連客と“推しメン”について熱弁していました。今思えば、その様子が虹プロの人気を物語っていたように思います。

 予選から最終メンバー決定まで数多くのドラマが生まれた虹プロ。予選を通過したメンバーはJ.Y.Park氏の目にとまったというだけあって、元々のポテンシャルは高い女の子たちばかりでした。例えば、最終的にNiziUのメンバーとなったMAKO、RIMA、MIIHIは3人ともJYPの練習生で、予選の時点で、J.Y.Park氏にその実力を認められています。一方で、AYAKAやMAYUKAのように実力不足を指摘されながらも、成長する可能性があると判断されて合格したメンバーも。

 しかし、彼女たちも東京・韓国合宿を経て、どんどんと実力を伸ばしていきました。夢を追う若者たちが時に涙を見せながら、少しずつ成長していく――その姿が人生の岐路に立つ10〜20代の心を捉え、親世代である大人たちも思わず応援したくなる。何より、誰がデビューできるかという“戦いの場”でありながら、少しもドロドロとした空気を感じさせず、常に己と向き合うポジティブな引力が彼女たちにはあります。チームで挑む韓国合宿のミッションでもダンスや歌を教え合ったり、悩みを打ち明けたりとライバルではなく同志として手を取り合う姿が印象的でした。

 それは仕掛け人であるJ.Y.Park氏の影響力によるところも大きいでしょう。J.Y.Park氏はプロジェクト中、一貫して、彼女たちに人間として大切なことを教えてきました。例えば、東京合宿で26人に向けて声を掛けたのは「一人一人が特別でなかったら、生まれてこなかったはずです」という言葉。もちろん、オーディションなので、選ぶ、選ばれるということからは逃れられませんが、J.Y.Park氏は実力よりも個性を大事にしていました。そのため、常に彼女たちには、それぞれが特別な存在であることを伝え、“自己肯定感”を植えつけることに成功したのです。

 また、韓国合宿で伝えられたJYPが追求する3つの価値観も一人一人の姿勢に影響しています。それはカメラがない場所でも恥じることのない立派な人間であること。毎日努力を怠らず、夢に向かって突き進むこと。周囲への感謝を忘れないこと。この“真実・誠実・謙虚”を胸に刻み、メンバーは最終ミッションに挑みました。そして、NiziUとしてデビューした9人は今もJ.Y.Park氏の言葉通りに成長し続けています。

韓国社会の流れに適応するNiziU

 そんな彼女たちのデビュー曲「Step and a step」のMVが11月25日に公開されました。中でも注目されたのが、体調不良で休養中のMIIHIが登場する場面。メンバーのお母さん的存在であるMAYAが1人でたたずむMIIHIを迎えに行き、新たに9人で歩み出すという内容が「泣ける」と話題になりました。「大丈夫よ そのままで/安心して 遅れてないから」「ゆっくり行っていい 休んでみてもいい」といったJ.Y.Park氏による歌詞にもまるで、MIIHIを励ますような言葉が並んでいます。

 また、NiziUが「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)や「CDTVライブ!ライブ!」(TBS系)で披露した「Make you happy」でも、MIIHIのパートはそのまま音源で使用。そんなふうに、MIIHIの居場所を確保しているところを見せる活動の形はファンも安心できるものです。

 近年、韓国では「私は私のままで生きることにした」(キム・スヒョン)や「あやうく一生懸命生きるところだった」(ハ・ワン)といった韓国文学にも見られるように、自尊感情を高めることの大切さが説かれています。韓国は元々、学歴社会であり、一方で容姿も非常に重視されるなど、幼い頃からすさまじい努力を必要とされることも。

 そのため、K−POPアーティストたちも常に欠点のない人間であることが求められていました。しかし、特に2019年は彼らの自死が相次いだこともあり、ようやく、それまでの生き方が見直されつつあるように思います。

 NiziUはmそんな韓国社会の流れに適応したグループといえるのではないでしょうか。もちろん、J.Y.Park氏はパフォーマンス面で厳しくアドバイスをすることもありますが、虹プロでもMIIHIに「ちゃんとご飯食べてね。少し痩せてるから、分かった?」と声を掛けているように、いつも、メンバーの体調を気遣っている様子です。デビュー前のタイミングでMIIHIを休養させたのも、早い段階で彼女の不調に気付くことができたからでしょう。

 J.Y.Park氏は虹プロで、こんなことを口にしていました。

「僕が君たちに期待することは歌とダンスの実力が全部ではありません。それに劣らず、持っていてほしいものは立派な人柄です。その理由は君たちが世の中に良い影響を与えてほしいからです」

 活躍するアーティストになりたいなら、努力は大事。けれど、それ以上に特別な存在である自分を大切にする。それがJ.Y.Park氏の考えであり、彼の言葉を体現するNiziUを通して、今を生きる全ての人に伝えたいことなのかもしれません。

 日本も例外ではなく、NiziUの生き方そのものがファンを勇気づけ、自分を愛する心を教えてくれています。