娘の言動にショックを受ける父親を描いた漫画「娘の成長を静かに耐える父」がSNS上で話題となっています。ある日、帰宅した父親が洗濯物を入れに脱衣所に入ると、そこに9歳の娘あーさんが。あーさんはパパを見た瞬間、「きゃあ!」と叫び、その後、衝撃の一言を…という内容で「うちも言ってた」「パパさん頑張れ」「正しい発達」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

パパが大好きだった娘が初めて…

 この漫画を描いたのは、SAKURA(ペンネーム)さん(37)です。ブロガーとして活動しており、インスタグラムやブログ「うちの子、個性の塊です」で家族に関する作品を発表しています。書籍「うちの子、個性の塊です」も発売中です。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

SAKURAさん「パパが大好きな娘が羞恥心から、初めてパパを拒否した…私はその成長をうれしく思ったのですが、私とは違い、寂しさに打ちひしがれる旦那を見て、この状況を記録しておこうと思いました」

Q.あーさんはもう、パパとお風呂に入ることはなくなったのですか。

SAKURAさん「ないです。『パパとはもう二度と入ることはない』と言ってました(笑)」

Q.ママと一緒のお風呂は大丈夫なのでしょうか。

SAKURAさん「私とはたまに一緒に入ります。『ママも一緒に入っていい?』と聞くと、『ママは同じ女の子だからオッケー』と言います」

Q.お風呂の他に恥ずかしがることはありますか。

SAKURAさん「パパの前での着替えも恥ずかしくなったようで、部屋でコソコソ着替えています」

Q.息子のきーさん(4歳)もパパとのお風呂は嫌なのでしょうか。

SAKURAさん「基本的には、私がいつも入れるからか…『今日はパパと入って〜』と言うと『パパはイヤだ! ママがいい!』と返ってきます。でも結局、パパと入ってもらうんですが、お風呂場から、男2人の楽しそうな笑い声が聞こえてくるので、本気で嫌ではないと思います」

Q.子どもたちにお風呂を嫌がられて、その後のパパの様子は。

SAKURAさん「息子からの『嫌』は慣れているようで『別に平気〜』と言っていましたが…娘からの『嫌』は傷ついているようで、ぼそぼそと『なんでだよ』とつぶやく声が聞こえてきます」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

SAKURAさん「『パパは寂しいけど正しい成長』『うちはまだ、パパと入ってます』などのコメントを頂きました。娘とパパのお風呂は何歳くらいからNGになるのか気になっていたので、いろんな意見を聞けてよかったです」