“アラサー”になって思う友人たちとの思い出を描いた漫画「アラサー女子」がSNS上で話題となっています。アラサーとなり、仕事や恋愛、趣味、結婚・出産など、それぞれの道を進んでいる学生時代の友人たち。学生時代は、学校帰りにいつも遊んでいましたが、今はなかなか会えず…という内容で「分かるなあ」「いい話」「またみんなで撮れますように」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

プリクラメンバーから久々の連絡

 この漫画を描いたのは、もろこし(ペンネーム)さんです。絵日記ブロガーとして活動しており、エッセー漫画「もろこしなる妹日記」、ツイッター、インスタグラムで日常の出来事を漫画にして発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

もろこしさん「幼稚園だったか小学校だったか、気付いた頃には漫画を描いていました。自分の頭の中にある世界を漫画にして、みんなに楽しんでもらいたい!と考えたことがきっかけだったと思います」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

もろこしさん「プリクラを撮っていたメンバーの一人から連絡が来たことがきっかけでした。高校時代は毎日のように一緒に時間を過ごしていたのに、今回は約1年ぶりの連絡でした」

Q.当時のお友達とは、あまり連絡を取り合っていなかったのですか。

もろこしさん「結婚、出産の報告と年賀状のやりとりぐらいです。たまにみんなで集まろうという話にもなったりしますが、住んでいる場所も生活スタイルも違うため、なかなか会えないでいます。少し前に、妊娠したことも知らなかった友達から出産報告が来て驚きました」

Q.プリクラの他、学生時代を思い出すものは。

もろこしさん「学校帰りのサイゼリアです。お金が少ない高校生にとって、ミラノ風ドリアとドリンクバーのコンボは神でした(笑)」

Q.当時のメンバーがそろったら、プリクラ以外に何をしたいですか。

もろこしさん「積もる話をたくさんしたいですね。会えなかった間、それぞれにいろいろなことがあったと思うので、時間を気にせず話したいです。サイゼリアでミラノ風ドリアとドリンクバーでも頼みながら」

Q.アラサーになって、「よかった」と思うことはあるのでしょうか。

もろこしさん「人生の選択肢が増えたことです。仕事も結婚も趣味も自分で選び取ることができるので。学生時代は選択肢が少なかったので、自分の意思を通せる自由さは少なかったと思います」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

もろこしさん「『学生時代が懐かしい』『また、みんなでばかなことをしたい』といった意見を頂きました。あと、やっぱり、体にいつの間にかついたアザはなかなか消えないというお話も」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

もろこしさん「ブログでエッセー漫画を描いているので、これからも読んでくださる方が楽しめるような漫画を、作者の私も楽しみながら更新していきたいと思っています」