娘と公園に出掛けたときの出来事を描いた漫画「親レベル」がSNS上で話題となっています。1歳の娘を連れて公園に行くのも大変だと感じている男性。ある日、公園に行くと、パンパンのリュックサックを背負い、泥だらけの靴を履いた、2人の子ども連れの母親がいて…という内容で「衝撃ですね」「お疲れモードだったのかな…」「私もレベル低いです」などの声が上がっています。作者の男性に聞きました。

自分だったら慌てふためいていた

 この漫画を描いたのは、月光もりあ(ペンネーム)さん(30代)です。普段は会社員として働きながら漫画を描いています。インスタグラムには育児や日常に関する漫画を投稿しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

月光もりあさん「約1年前から始めました。妻にインスタグラムのエッセー漫画を見せられて、こんなラフに漫画を描いていいんだと知り、『これなら俺も描ける!』と描き始めたのがきっかけです(笑)それまで、エッセー漫画や趣味漫画を公開するという考えがありませんでした」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

月光もりあさん「面白いと思ったからです! あと、これを描いて他の方の意見も聞いてみたかったことと、1人でもたばこを捨てる人が減ればいいなと思いました」

Q.たばこを口に入れた子どもへの対応を見たときの心境を教えてください。

月光もりあさん「『ええーーーーうそうそうそ!!!!』と目を全開に開いていたと思います。そのお母さんの反応が自分とは真逆だったので『強っ』と思いました。2児の母はたくましいんだなあと思いながら、あまりの衝撃に笑えてきました。自分だったら慌てふためいていたと思います(汗)」

Q.娘さんと出掛けたとき、このようなレベルの違いを実感することは多いのですか。

月光もりあさん「たくさんあります。特にお子さんが2人以上いる方、4〜5歳以上の子の親は経験が違うのでいろいろ勉強になります! 準備力も違うので、つい最近も知らないお母さんにティッシュをもらって助けられたことがありました(神)逆に言葉遣いが悪いとか、携帯ばかり触っている、レベルの低い人も見かけます」

Q.娘さんと出掛けるとき、一番大変なのはどんなときでしょうか。

月光もりあさん「娘基準で動かなければいけないときです。人に迷惑がかかること以外はなるべくさせるようにしていますが、三輪車で出掛けている途中、三輪車も抱っこも嫌と言われたときは地獄でした…。他に『滑り台に上って!』とお願いされるのが大変です。下から娘を支えることもできなくなりますし、何よりも狭くてつらいです(笑)」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

月光もりあさん「たばこ以外はあるあるのようでしたが『さすがに、たばこはスルーしない』という意見が多かったです。2児の母というか、このお母さんが気にしなさすぎだったのか、たばこだと気付いていなかったのかなあと思いました(笑)」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

月光もりあさん「時間に余裕ができたら、4コマ漫画やオリジナル漫画、似顔絵販売などをしていきたいです」