ついついやってしまう“恥ずかしい癖”を描いた漫画「またこの足になってる」がSNS上で話題となっています。いつものように朝食の卵焼きを作っていた女性。卵をボウルに割り入れて調味料を入れ、軽快な音を鳴らしながら混ぜていると…という内容で「何か分かる」「私も自然にやります」「何ですかね? この足」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

「あ、またやってるわ自分」と笑い

 この漫画を描いたのは、もこぞー(ペンネーム)さん(30代)です。日々、2人(4歳の息子、1歳の娘)の子育てに奮闘しながら、日常で起こった出来事を漫画にしてインスタグラムに投稿しています。漫画は何か好きなことをしたいと考え、3、4年ほど前から描き始めました。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

もこぞーさん「よくこういうことがあるんですが、何かに集中しているときなどにふと、われに返る瞬間がありませんか? それがたまたま、卵を焼く瞬間だったんです(笑)これに気付いてからというもの、たびたび気付くようになってしまって(笑)『あ、またやってるわ自分』と笑えます。それから、『もしかして、これって他の人たちもやってんじゃねーの?!』と思うようになったのが描いてみようと思ったきっかけです!」

Q.他にどんなシチュエーションのとき、この癖が発動しますか。

もこぞーさん「歯磨きをするとき、立って化粧をするとき、お弁当を詰めているとき…要するに、ちょっと立ちっぱなしで集中しているときです」

Q.こうなってしまう理由は何でしょうか。

もこぞーさん「多分、そうすることで安定感が出るのだと思います(笑)」

Q.ちなみに、朝食はご飯とパンどちらが多いですか。また、卵焼きを作る際のこだわりはあるのでしょうか。

もこぞーさん「断然パンです! パン大好きです! 特にプレーンのものが好きです。生食パンはもちろん何も付けずに食べます。パンがものすごく好きなので、パン屋巡りもよくしていました。手軽に食べられるし、焼きたてがたまらないです。卵焼きは甘めに仕上げること。黄身だけを使って真っ黄色の卵焼きを作るのも好きです」

Q.「鬼舞辻無惨」と誰に言われるのですか。

もこぞーさん「家族と友達です! 特に息子に言われていました。自分的には外国人のような大人っぽい仕上がりにしたつもりだったんですが、はやりにのってしまった感じです(笑)でも、言われて嫌ではないですね。何か言われたりしたときはとりあえず、『違う違う違う違う』ってモノマネします(笑)」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

もこぞーさん「『私もなりますー!!』という意見が意外にも多かったです! 『やっぱり共感者がいた!』と思ってうれしかったです。一緒に笑えました(笑)」