“集中”と“適当”の使い分け方を描いた漫画「常に完璧を目指すよりも、適当モードを上手く使い分けよう」がSNS上で話題となっています。ある時期、仕事に遊び、日常の全てにおいてミスをしないよう、神経をとがらせていた男性。しかし、母親から、「それ疲れないかい?」とたしなめられ…という内容で「お母さまの言う通り」「今こそ必要な考え方」「ちょっと安心しました」などの声が上がっています。作者の男性に聞きました。

自分がやりやすいように生きる

 この漫画を描いたのは、やしろあずき(ペンネーム)さん(30代)です。ウェブ漫画家として活躍しており、インスタグラムやブログ「やしろあずきの日常」でさまざまな漫画を描いています。書籍は「やしろあず記」「日常バグ報告」「息子は中二病でネット依存で不登校」など。漫画は小学生の頃に遊びで描き始め、大学卒業後に本格的に描くようになりました。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

やしろあずきさん「私の周りに『常に集中モード』でいて、疲れちゃってる人が多かったためです」

Q.24時間集中していた頃、体調や周囲の反応はいかがでしたか。

やしろあずきさん「周囲の反応は、集中していたこともあり意識できていませんでしたが、明らかにコンディションは低下していました。作り出すコンテンツの質もそれに合わせ、やはり下がっていたと思います」

Q.遊びでも気を抜かなかったということですが、例えば、どんな遊びのときでしょうか。

やしろあずきさん「仕事柄、遊びも仕事になってしまうこともあり、何でもネタになるので常に気を張っていて、例えば、プライベートのボードゲームなどでも『漫画にするならこう動かねば…』と常に『やしろあずき』であることを意識していた感じです」

Q.お母さまの素晴らしいアドバイスですが、お母さまも実際に使い分けているのですか。

やしろあずきさん「と思います! 使い分けがうますぎて、今では意識しないでもそういう行動ができているんだと思います」

Q.よく、お母さまに相談したり、アドバイスを求めることはあるのでしょうか。

やしろあずきさん「やはり人生の先輩であり、自分のことをよく分かってくれているのは親なので…相談は今でもさせてもらっています」

Q.「集中モード」「適当モード」を使い分けることで何か変化は。

やしろあずきさん「圧倒的に生きやすくなりました! これはしっかりやらねばという事柄に対して、しっかり結果を出していけるようになったと実感しています」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

やしろあずきさん「『よく考えたら、ずっと集中モードだったと気付き、多少、息抜きをうまく入れながら生活しようと思った』という方が多かったです。日本人は真面目な人が多いですし、それはいいことだとも思いますが、やはり、1から10まで真面目だと疲れてしまうし、損する部分もあると思うので、ある程度は自分勝手に、自分のやりやすいように生きてみてもいいと思います」