失恋したことを父に話したときの出来事を描いた漫画がSNS上で話題となっています。10代の頃に失恋して、父親の前で「もう立ち直れないー!!」「つらい、悲しい!!」と泣きわめいた女性。そんな娘に父親は「しょうがねーだろ、フラれたもんは」と声をかけ…という内容で「お父さん最高です」「いいこと言う」「いつか子どもに言ってあげる」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

ただただ、まっとうな言葉に驚き

 この漫画を描いたのは、サトコ(ペンネーム)さん(30代前半)です。会社員兼イラストレーターとして活動しています。日常の出来事や心に残る話を漫画にして、インスタグラムに投稿しています。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

サトコさん「父にポツリと言われた言葉が自分の中にずっと残っていることに気付いて、作品にしました。過度に親身にもならず、突き放すこともせず、ただただまっとうすぎてびっくりしたのを覚えています」

Q.お父さまの言葉を聞いて立ち直れたのでしょうか。

サトコさん「完全に立ち直れたのはこの言葉のおかげではなく、次の恋だったと思いますが(笑)『フラれたなら次はどうする?』と前向きに考えられる大きなきっかけになりました」

Q.恋愛の話を親にしたくない人も多いと思いますが。

サトコさん「私はできる方です。何かを話したところで『まあ、お前がいいならいいけどさ』で終わってしまうので、『え、もうちょっと、わが子に興味持ってよ(笑)』と自分からどんどん話してしまうこともあります」

Q.恋愛に関して、お父さまに相談されることもあるのですか。

サトコさん「恋愛関係の相談などはまったくしないです。彼氏ができた、別れたという事後報告のみ。恋愛より仕事や人生についての方が話すかもしれませんが…本当に切羽詰まったときだけです。人生のピンチで、最後の最後に頼りになる言葉をくれる存在という感じです」

Q.このことがきっかけで考え方や心境の変化はありましたか。

サトコさん「うまくいかないことがあっても『自分はまだ経験している途中なのかも』と考えを転換しやすくなりました。今も落ち込んだり泣いたりしますが…早めに思考が前向きになれるのはこの言葉のおかげかなと思います」

Q.この言葉以外で心に残っている言葉、役に立っている言葉があれば教えてください。

サトコさん「家族の言葉は心に残っているものが多いです! 姉の言葉ですが『喫茶店で2時間も話せない男とは付き合うな』など。他にもありすぎて、まだ作品にまとめきれていません!」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

サトコさん「『すてきなパパだね』『パパの名言楽しみにしてる』などのコメントを頂きました。父の言葉で私以外にもいい影響があったなら、描いてよかったなと思います」