息子と砂場遊びをしたときの出来事を描いた漫画「お砂場遊び」がSNS上で話題となっています。砂遊びが大好きな2歳の息子なーさん。帰宅後は必ず、家の中に入る前に服や靴の中の砂を落とし、ポケットの中をチェックするようにしていますが、思わぬところに…という内容で「これは悲しいやつ」「要注意ですね」「砂場あるある」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

思わぬ場所に砂があり驚き…

 この漫画を描いたのは、ジェーコ(ペンネーム)さん(30)です。普段は主婦として、2歳の息子の子育てをしながら、日々の出来事を漫画にしてインスタグラムに投稿しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

ジェーコさん「小中学生の頃によく描いていました。大人になるにつれて描かなくなりましたが、子育て中に起こるコントのような出来事を漫画として残しておきたい! そして、それを読んだ人が一緒に笑って共感してくれたらうれしいなと思い、描き始めました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

ジェーコさん「砂遊びをした後、ボディーチェックを念入りにしたにもかかわらず、思わぬ場所に砂が隠れていたことにかなり驚いたので描きました」

Q.息子さんは砂場でどんな遊びをしているのですか。

ジェーコさん「最近覚えたのですが、おもちゃを自分で砂の下に埋めて、『どこどこ?』と探して掘り出しては『あったー!』という一連の流れをする遊びが好きです(笑)」

Q.ジェーコさんも一緒に砂場で遊んでいるのでしょうか。

ジェーコさん「もちろん、童心に帰った気持ちで遊びます。息子と砂の山を作ったり、穴を掘ったりして共に砂まみれになります」

Q.砂対策で考えていること、実践していることはありますか。

ジェーコさん「砂場遊びをしても汚れにくい汚れ防止加工がしてあるズボンを履かせたり、砂場遊びが終わったら、その場でしっかりとボディーチェックをして帰るようにしたりしています」

Q.息子さんは「オッケー」以外にお気に入りの言葉はあるのでしょうか。

ジェーコさん「手を振りながら、『みんなー!』と言うのが最近のお気に入りです。アイドルかなと思いました(笑)」

Q.ジェーコさんが小さい頃の、お砂場遊びの思い出があれば教えてください。

ジェーコさん「幼稚園の頃、友達と砂場で長いトンネルを作りたくて必死に掘り進めては崩れ…を繰り返し、何度も失敗していたのですが、水で砂の壁を固めたり補強して何とか完成させたときはとてもうれしかったです」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

ジェーコさん「『そういうズボン履いてるとそこに砂がたまるのか!』『砂場あるあるですね〜』など、びっくりする人やあるあると共感してくれる方がいらっしゃいました」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

ジェーコさん「今のスタイルのまま、子育ての楽しさや子どもの尊さを漫画に描いていきたいのと、旦那が面白いくらいに心配性なので、その話をもっと描いていきたいなと思っています」