婚活パーティーでムカついた出来事を描いた漫画「婚活で出会った腹立つ男」がSNS上で話題となっています。参加した婚活パーティーでプロフィルカードに「デザイン関係」と記入した女性。いざ、パーティーが始まると、職業について話を切り出してくる男性がいて…という内容で「すごく分かります」「どんな仕事だって大変だよ」「いろいろ大変でしたね」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

かなりの確率で「何やこいつ!」

 この漫画を描いたのは、マッキー(ペンネーム)さんです。普段は会社員として働いています。現在は結婚していますが、婚活中に起きた出来事を中心にインスタグラムで漫画を発表しています。漫画は3年ほど前から描き始めました。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

マッキーさん「婚活をしている女性はかなりの高確率で『何やこいつ!』と思う人に出会っているんです。私のフォロワーさんは9割が女性なので、皆さんに『あるある! いるいる!』と思ってもらえるかなと考えて描いてみました」

Q.「マウントを取ってくる男性」はどんなジャンルの場に多いのでしょうか。

マッキーさん「ほぼ全てのパーティーに必ず1人以上いたと思います。マウントというよりは『女は腰掛けで働いている』『すぐ辞めると決めつけてくる』『女性の仕事には責任がなくていいよね』等、女性というカテゴリーに偏見を持っている人が何人かに1人以上いる感じでしょうか。本当に、どこにでもいるので傾向がつかめないです」

Q.そうした場合、我慢できずに言い返してしまうこともありますか。

マッキーさん「言い返さず、笑っていました。もう二度と関わらないでしょうし、言い返す方がしんどいので…。デート中だったら多少言い返していたかもしれませんが、あまり覚えていません(笑)」

Q.他に、婚活パーティーで「あり得ない」と思ったご経験があれば教えてください。

マッキーさん「ちょっと年齢が高め(30〜40歳向け)のパーティーに26歳で参加してしまったとき、とある男性に『周りがババアばっかりだから焦ったけど、20代の子がいてよかった!』と結構な大声で言われました。この方は40代だったと思います。今思い出しても神経を疑いますね。

他には、住んでいる地域で張り合ってきたり、痩せた方がいいよなど容姿について言及してきたり、いきなり年収を聞いてきたり…挙げればたくさん出てきます(笑)いずれまた、漫画で描きたいと思っています」

Q.婚活当時、マッキーさんが大切にしていたことは何でしょうか。

マッキーさん「とにかく、付き合うまではいかに出会い率を上げてデートに行けるか、他人と関われる回数を増やすように心がけていました。会ってゆっくり話してみないと何も分からないので。

会ってみて残念だったものもいっぱいありますが、今思えば自分の価値観の研磨になっていたので、決して無駄ではなかったと感じています。付き合ってからは、無意識ですが、同じ目線で話してくれるか、話し合えるのかというところを見ていました」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

マッキーさん「婚活の場に限らず、『そーゆー人いるいる!』というコメントをたくさん頂きました。また、『マウントを取る人は自分に自信がない人』というコメントもあり、なるほどなあと思いました。私にもコンプレックスはたくさんあるので、それが裏返って変なマウンティングにならないように気を付けたいです」