子どもの寝顔を見ながら、ふと考えたことを描いた漫画がSNS上で話題となっています。2歳の息子のかわいい寝顔を見ながら、「たくさんやらかしたけど、それがあったから息子に出会えた。すべて価値あること」と考える母親。しかし、ふと、「この考えやばくないか?」と気付き…という内容で「本当にその通りです」「考えさせられました」「私も気を付けます」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

息子と自分を同一視していた

 この漫画を描いたのは、主婦のさてよ(ペンネーム)さん(30代)です。インスタグラムとツイッターで育児漫画などを発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

さてよさん「息子が1歳を迎えた頃、ふと育児を振り返ってみると、つらかった記憶ばかりが呼び起こされました。かわいい出来事を覚えておくために記録しておかなければと、漫画を描き始めました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

さてよさん「忘れてしまいそうになる自分への戒めです」

Q.「この考えやばくない?」と思ったのは、いつ、どのようなきっかけからですか。

さてよさん「息子が2歳を過ぎ、少しずつ育児に慣れてきたとき、かわいい息子の寝顔を見てふと思いました」

Q.それまでは、子どもと自分を同一視してしまうことがあったのでしょうか。

さてよさん「ありました。息子が褒められると私が褒められているように感じたり、息子によくないことが起こると、全て私の責任であるように思ったりしていました」

Q.一度気付いてからも、こういう思考に陥ってしまうことはありますか。

さてよさん「あります。息子が自分でできることが増えてくると、私の親としての価値も上がっているような錯覚に陥ることもあります。私はできるように補助しただけで、実際に習得したのは息子自身なのに…」

Q.「自分の中の価値」として大切にしているものは。

さてよさん「息子と自分をなるべく切り離し、結果が残ることをやるようにしています。例えば、仕事であったり、息子が寝ている間にできる趣味であったりです。私自身がこれまで築き上げてきたものがある、そして、これからも私は私であり続けるということを頭に置いています」

Q.息子さんへの声掛けや態度で心掛けていることがあれば教えてください。

さてよさん「なるべく、こちらから答えを出さないようにしています。聞かれたら答えますが。『どう思う?』と聞いて、自分でなるべく考えてもらおうとしています。まだ2歳ですが、それでも『こうかなあー』とお返事をしてくれて、私も『なるほどな』と思うことがあります」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

さてよさん「『同じような考えに陥りそうになっている』というコメントがいくつか寄せられました。私だけがそうではないんだと安心しつつも、皆さん、育児を頑張っているからこそ、このような考えになっているのだと気付き、もう少し肩の力を抜いて育児できる環境になったらいいなとも思いました」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

さてよさん「少しでも、クスッと笑ってもらえたり、『あるよねー』と共感してもらえるような漫画を発信していきたいです。今後は育児から離れた、読んだ人の息抜きになるような漫画も描いていきたいです」