映画「バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜」に出演する俳優の高杉真宙さん。同作は、俳優の濱田岳さん(本人役、以下同)、柄本時生さん、菜々緒さん、高杉さん、芳根京子さんら若手俳優たちは小さなチワワを主人公にした自主映画を撮影しています。しかし、チワワが現場から逃げ出してしまいトラブル続出。落ち込む濱田さんたちを見かねた田口トモロヲさんらベテラン陣が手を差し伸べますが…俳優が本人役で出演するドラマ「バイプレイヤーズ」シリーズの劇場版です。

 オトナンサー編集部では、高杉さんにインタビューを実施。出演や本人役を演じた感想などを聞きました。

「真宙」と呼ばれるのが新鮮

Q.ドラマ版から映画版に出演されていかがでしたか。

高杉さん(以下敬称略)「この作品に入ることができてよかったですし、幸せなことだと思いました」

Q.ドラマ版はご覧になっていましたか。

高杉「見ていましたし、皆さんが並んでいるポスターは印象的でかっこいいなと思っていました。今回、ポスターはスーツで撮影と言われ、あの写真のメンバーに入れるのはうれしいですし感動しました。

撮影している側の代弁をしてくれて、現場でたまに見かける“撮影あるある”を盛り込んでくれているのが好きです。だから、感動するシーンじゃなくても、裏側を知っている身として感動しました。撮影現場のカメラマンさんや照明さんの仕事も映っていて、いろいろな人が集まってできているのがよく分かってもらえると思います」

Q.本人役はいかがでしたか。

高杉「現場で役名ではなく『真宙』と呼ばれるのは新鮮で不思議な感じです。気を抜くと自分自身が出そうでした。ずっと真宙と呼んでもらえるのはうれしかったです。台本はありますし、その中でどれくらい、僕自身と役の『高杉真宙』をブレンドできるかが挑戦でした」

Q.役の高杉さんと似ているところ、似ていないところを教えてください。

高杉「撮影現場の僕よりも、普段の僕のちょっとフラフラしたところが似ているなと思いました(笑)素の高杉真宙に近く、しゃべり方も最後の方が聞こえなくなるようなところは普段のまんまです(笑)似ていないところは、先輩にあそこまでツンケンしませんし、あんなにズケズケ言いません。でも、年の近い俳優たちで撮影するとああなるのかなとは思いました。撮影現場を見せる機会はなかなかありませんが(笑)」

Q.現場の雰囲気はいかがでしたか。

高杉「皆さんが楽しんでいる現場で、ピリッとすることはありませんでした。知り合い同士の方が多く、先輩たちの伝説のエピソードが聞ける現場でした」

Q.演じる際に意識していることはありますか。

高杉「基本的には役割を考えて動くことですね。台本に書いてある自分の役割を認識して、自分が動くから相手がこう動くということを意識して演じています。それが面白いです」

Q.コロナ禍での過ごし方を教えてください。

高杉「本当に怖くて外に出られなくなり、人と疎遠になりました。元々、友人は多くないのですがさらに少なくなり、本当に限られた方たちとしか会えなくなりました。現場でご飯に行くこともできません。もうちょっと自由になったらいいなと思いますが、外に出ないようにしないと多くの人たちに迷惑をかけてしまいます。

だから、ゲームと漫画とアニメですね。ゲームがすごく楽しいので、僕としては出られなくても我慢できます(笑)皆さんが暇になったので、ゲームをしていなかった人たちとゲームをするようになりました」

 映画「バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜」は全国公開中。