映画「胸が鳴るのは君のせい」に出演する女優の原菜乃華さん。同作は、明るく、しっかり者で何事にも一生懸命な女子高生の篠原つかさ(白石聖さん)が、親友のように仲がいいクラスメートの有馬(浮所飛貴さん)に告白しますが、振られてしまいます。告白後も変わることなく、優しく接してくれる有馬をいちずに思い続けると、つかさは決意しますが…紺野りささんの同名コミックの映画化です。原さんは有馬の元カノ・長谷部麻友役で出演します。

 オトナンサー編集部では、原さんに単独インタビューを実施。役作りや挑戦してみたい役などを聞きました。

根底に愛されたいという気持ち

Q.原作を読まれていかがでしたか。 

原さん(以下敬称略)「前から知っていて、読んだことのある作品でした。登場人物それぞれの心情がリアルに描かれていると思いました」

Q.役作りにしたことはありますか。 

原「今までは役のバックボーンや思い出を考えて、感情中心のお芝居をしていました。今回は原作がある作品で、麻友ちゃんというキャラクターをしっかり見せないといけないので、目線やしぐさをいろいろ研究してお芝居をしました。今までと全然違うアプローチでした」

Q.演じられた麻友の魅力を教えてください。

原「麻友ちゃんは嫌な子に見えてしまうかもしれませんが、共感できる人も多いのかなと思いました。すごく弱い子で、愛されたいという気持ちや寂しさが根底にあると思うんです。そういうところは誰もが共感できるんじゃないかなと思うので、その魅力は伝えたいと思いました」

Q.ご自身は麻友に似ているところはありましたか。

原「全くないです(笑)でも、孤独感とか、愛されたいという気持ちはすごく理解できます」

Q.高橋洋人監督と役柄について打ち合わせをしましたか。 

原「本読みの時点では迫力がありすぎる、怖いと言われました(笑)現場では、やりすぎてしまったら、高橋監督が引き戻してくださって、麻友ちゃんを魅力的なキャラクターにしてくれるという安心感があったので、思いっきり演じることができました」

Q.現在、高校生ですが、在学中にやりたいことを教えてください。 

原「今はコロナ禍でできることが限られていますが、落ち着いたら、遊びに行って、友達とおしゃべりしたいです。今は友達とビデオ通話で一緒に勉強したり、おしゃべりをしたりしています」

Q.今後、挑戦してみたい役はありますか。 

原「明るいコメディーや振り切った役を演じたいです。今回はお芝居の仕方もこれまでと違い、難しかったのですが、とても楽しかったので、原作のある作品や癖のある役もまたできたらと思います」

Q.演じる際に気を付けていることを教えてください。 

原「もちろん、内面の感情を大事にすることです。原作があるときは、それプラスで、見ている人にどう見えるのか、見せ方の部分も意識しないとダメだなと思いました。どっちもちゃんとできるようになりたいです」

 映画「胸が鳴るのは君のせい」は6月4日から全国公開。