映画「はるヲうるひと」に出演する女優の坂井真紀さん。同作は、島の置き屋で働く次男の得太(山田孝之さん)は長男の哲雄(佐藤二朗さん)から、子分のように扱われています。長女のいぶき(仲里依紗さん)は長年患っている持病で伏していて、女を売る家で唯一、女を売らないため、遊女たちから嫉妬されていますが…佐藤さんが主宰する演劇ユニット「ちからわざ」の同名舞台の映画化です。坂井さんは置き屋で働く桜井峯役で出演します。

 オトナンサー編集部では、坂井さんに単独インタビューを実施。台本の感想や現場の雰囲気などを聞きました。

峯の強さや孤独に共感

Q.台本の感想をお願いします。
 
坂井さん(以下敬称略)「すごく深い愛が描かれているなと思いました。でも、すごくヒリヒリするものも感じて、胸に突き刺さる愛の話だと思いました」

Q.峯に共感できるところはありましたか。 

坂井「峯が持っている強さや強くあろうと思っているところ、孤独は共感できました」

Q.演じてみていかがでしたか。 

坂井「撮影していた場所は目の前に海が広がっていて、ロケセットに入ると閉鎖感があり、そこの住人の気持ちになりました。あの部屋に入ると、笑いがあっても物悲しさがついてきて、でも、つらいけど前を向こうという気持ちになりました」

Q.佐藤さんから要望はありましたか。 

坂井「峯の人柄やバックグラウンドについてや、語られていない部分について話をしました。あとは行間を埋めていきました。二朗さんは俳優でもいらっしゃるので、通じる部分があったと思います」

Q.山田さんとの共演はいかがでしたか。

坂井「得太に気持ちが入っていて、現場に入ると、素の山田孝之を全然見せませんでした。得太が来ることで空気が変わりますし、お芝居していてもすごく集中されていて、楽しかったです」

Q.現場の雰囲気はいかがでしたか。

坂井「ヒリヒリした話ですが、二朗さんが笑いの部分を演出しているときは和やかになりました。みんな、同じところに泊まっていたので、撮影後は飲みました。台本の中のように、みんなで生活しているみたいで楽しくて、二朗さんは台本のことを考えなければいけないのに、飲みましょうと呼ぶとすぐに来てくれました」

Q.演じるときに意識していることはありますか。 

坂井「なるべく、特別なことはしないようにしています。その役でいられたらいいなと思っています」

Q.普段、リフレッシュにしていることを教えてください。

坂井「体を動かすことが好きなので、運動することですね。歩いたり、ティラピスをしています」

Q.自粛期間中はどのように過ごされていましたか。 

坂井「仕事も子どもの学校もストップしていました。規則正しい生活を心掛けて、できないことにとらわれず、できることを考える時間になるよう心掛けました」

 映画「はるヲうるひと」は全国公開中。

ヘアメーク:ナライユミ
スタイリング:梅山弘子(KiKi inc)