映画「Bittersand」でヒロインを務める女優の木下彩音さん。同作は、何となく毎日を送っているサラリーマンの吉原暁人(井上祐貴さん)はある日、高校時代、ひそかに思いを寄せていた石川絵莉子(木下さん)と偶然再会します。暁人と絵莉子には高校時代の忌まわしい過去があり、その過去をすべて拒絶する絵莉子の姿を見た暁人は、ある計画を立てますが…過去と向き合う青春群像劇です。

 オトナンサー編集部では、木下さんに単独インタビューを実施。台本の感想や演じ分けなどについて聞きました。

現代は暗く、過去は明るく

Q.台本の感想をお願いします。

木下さん(以下敬称略)「一度読むだけでは難しかったです。何回も読むにつれて、いろいろな捉え方ができる物語だと思いました」

Q.現代パートと過去パートの演じ分けはどのようにしましたか。

木下「目の演技を意識しました。現代パートは暗くなりますが、目が強くなりすぎないように調整するのが難しかったです。過去パートは明るく、ずっと笑っている感じでメリハリは意識しました」

Q.現代パートと過去パート、どちらが木下さんに近いですか。

木下「高校時代は映画のようにワイワイしながら、みんなで帰っていました。高校卒業してすぐだったので、過去パートは素のままで演じました」

Q.学生時代の思い出を教えてください。

木下「仲がいい友達と集まって、遊んでいるタイプでした。高校3年の途中で転校することになって、上京する日、朝早い新幹線だったのですが、友達がサプライズで集まってくれて、見送ってくれたことが思い出です。学校の最終登校日も黒板にメッセージを書いてくれました」

Q.今回、一番の挑戦を教えてください。

木下「全てが挑戦でした。ヒロインを演じさせていただいたので、日々挑戦で、自分との戦いでした」

Q.現場の雰囲気はいかがでしたか。

木下「重たいシーンが多いんですが、カットがかかれば和気あいあいとしていました。宿に帰ると、みんなで部屋に集まってトランプをしたり、学生時代に戻った気分になりました。楽しい現場でした」

Q.演じる際に気を付けていることはありますか。

木下「高校生役でも、それまでの人生を考えて演じるようにしています。人間観察が好きなので、普段から、人を観察して役の参考にしています」

Q.理想の女優像を教えてください。

木下「幅広いジャンルで活躍できる女優さんになりたいです。演技にしても俳優ではなく、役として見てもらえるようになりたいです」

Q.普段、リフレッシュにしていることはありますか。

木下「半身浴と涙活です。泣いてすっきりするタイプで、映画やドラマを見て、泣いてすっきりしたら、明日頑張ろうと切り替えています」

Q.コロナ禍はどのように過ごされていますか。

木下「勉強を改めてする機会だと思いました。高校時代はテストが嫌で勉強したくないと思っていましたが、今は語学や資格を取ろうと勉強しています。料理の動画を見ることが好きだったので、料理にも挑戦しています」

 映画「Bittersand」は全国公開中。