おもちゃの断捨離を思い立った日の出来事を描いた漫画がSNS上で話題となっています。ある日、「壊れたおもちゃ、遊ばないおもちゃは捨てちゃおう!」と5歳の息子に声を掛けた母親。しかし、息子には大事なおもちゃがあり、息子が要らないものは母親が…という内容で「わかりみがすごい」「あるあるですね」「うちも全く同じです」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

お互いのギャップが面白い

 この漫画を描いたのは、会社員のふくこ(ペンネーム)さん(30代)です。インスタグラムでエッセー漫画を発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

ふくこさん「息子が生まれてから、SNSで育児漫画を読む習慣ができ、自分も描いてみたいとずっと思っていました。昨年、息子が年中クラスになって、子育てに対して少し気持ちにも余裕ができたので、思い切って描き始めました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

ふくこさん「私にはガラクタのように見えても息子にとっては大切なものだったり、その逆もあったりして、お互いの気持ちのギャップが面白いなと思ったのがきっかけです」

Q.今まではお母さんがすべて片付けていたのですか。

ふくこさん「息子の意見は聞くようにしています。壊れていたりして、明らかに遊ばないおもちゃをゴミ袋にまとめて、息子の目に触れない場所に置いていたことがありました。捨てるときには息子に確認しようとは思っていたのですが、その前に見つかってしまい、『捨てないで!』とおもちゃ箱に戻されてしまいました。息子にとっては大切なものばかりだったようです」

Q.今回、「断捨離しよう!」と思ったきっかけは。

ふくこさん「収納に困っていたことと、息子自身が、要る/要らないを判断できる年齢になったと思ったからです」

Q.処分を免れたおもちゃはその後、しっかり遊んでいるのでしょうか。

ふくこさん「それが特に遊んでいるわけでもなく、おもちゃ箱の中で眠っています(笑)」

Q.今回の断捨離を振り返ってどう思いますか。

ふくこさん「息子が『捨てる』と判断しても、私が『捨てられない!』となってしまい、結果として、残したおもちゃがたくさんあったので反省しています。でも、次もそうなる予感がします」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

ふくこさん「共感のコメントが多く、うれしかったです。自分のものは捨てられるけど、子どものものは捨てられないという方もいました。私も本来は断捨離が好きで、迷いなく捨てられるタイプなのですが、子どものものは、一緒に過ごした時間やその頃の子どもの姿などの思い出が詰まっているので、捨てるのがなかなか難しいです。でも、捨てられないものがあるのも、すてきなことだと思っています」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

ふくこさん「これからも、息子と関わる中で思わず笑ってしまった出来事や心に残ったことを描き続けたいです。私の子育ては常に手探りで、正直、自信が持てなくなるときもあります。そのような、親としての葛藤や心情を表現できるようになりたいです」