娘をきつく叱ったときの出来事を描いた漫画「ストレスマネジメント」がSNS上で話題となっています。ある日、小学2年生の娘をきつく叱った母親。途中、娘がずっと黙っていたので「きつく言い過ぎたかな?」と反省し、娘の顔をのぞくと…という内容で「ストレス社会を生き抜く知恵ですね」「見習いたい」「私より大人です」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

自分で自分をよく褒めている娘

 この漫画を描いたのは、はんぺんぎん(ペンネーム)さんです。普段は会社員として働きながら漫画を描いています。育児漫画を中心にインスタグラムやブログ「ちーログ」で発表しています。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

はんぺんぎんさん「娘の対応の仕方が意外だったので漫画にしました。いつの間にか身につけていたようで、『どこで身につけたの〜!?』となりました」

Q.今回の発言を聞いたときの心境を教えてください。

はんぺんぎんさん「小学2年生の娘。きっと、小学校でもたくましく過ごしているんだろうな〜と笑ってしまいました。でも、理由があって叱っているので、そこは聞いてほしかったです」

Q.このときは何に対して叱っていたのでしょうか。

はんぺんぎんさん「普段からよく叱っているので、何で叱っていたのか覚えていません…もしかしたら、叱られ慣れてしまい、この対応を身につけたのかも…」

Q.娘さんは普段、叱られるとどうなることが多いのですか。

はんぺんぎんさん「反省して、人の話を聞くときもありますし、『自分は悪くない!』という顔やバツが悪そうな顔をするときも…いろいろです」

Q.この方法は娘さんが考えたのでしょうか。

はんぺんぎんさん「娘自身が考えたそうです。ママを頭の中で100回ボコボコにしたと言われました。強い…」

Q.娘さんはこのようなストレスマネジメントが上手なのでしょうか。

はんぺんぎんさん「娘は自分で自分をよく褒めています。誰かに言われなくても小さな目標を作り、それを達成すると自分を褒めているようです。まだまだ甘えん坊で赤ちゃんみたいなところもありますが、たまに私を超えるような大人っぽい考えをすることもあります!」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

はんぺんぎんさん「『大人の対応』『まねしたい』などのコメントを頂きました。私もまねしたいなと思う対応術です」