息子が小学1年生のときの担任について描いた漫画「長男が小1の時、親子で絶望した話」がSNS上で話題となっています。小学校入学当時、平仮名が何となく書ける程度だった、現在、小学6年生の長男。1年生のときの担任は、宿題の平仮名プリントの直しが多いことで有名な先生で…という内容で「同じような先生いました」「そこまで直しが入るなんて…」「そのクラスだけって納得できない」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

これからの人へ体験伝えたい

 この漫画を描いたのは、はる華(ペンネーム)さんです。エッセー漫画家・イラストレーターとして活動しています。2016年ごろから育児漫画を描き始め、現在もインスタグラムで発信しています。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

はる華さん「下の子が小学校に入学し、上の子が大変だった当時を思い出して漫画にしました。『担任の先生によって、違いがとてもあるんだな』という思いと、これから入学を控えたお子さんを持つ方などにも『この、強く心に残る体験を伝えたい!』と思って描きました」

Q.直しだらけのプリントを初めて見たときの心境を教えてください。

はる華さん「頭が真っ白になりました…子どもはまだ、十分に字も書けないし、小学校にも慣れていない頃だったので、『こんなに直しばかりのプリントで、学校が嫌いになったらどうしよう』と思いました」

Q.どのクラスの先生も直しが多かったのでしょうか。

はる華さん「直しが多かったのは、6クラス中、長男のクラスだけのようでした。他のクラスのママからは『自分のクラスの先生は採点が甘すぎて花丸ばかりなので、直されるのがうらやましい』と言われたりもしました」

Q.1年生の最後までこういう状態が続いたのですか。

はる華さん「最後まで、ずっとこの状態でした。途中、やりたくなくて放置した分は夏休みや冬休みを使って、親子でプリント直しを頑張りました」

Q.宿題以外も厳しい先生だったのでしょうか。

はる華さん「宿題プリントの直しの印象が強すぎて、あまり他のことは思い出せないのですが、学年主任の先生だったこともあり、全体的に厳しめだったと思います。教育熱心な先生でした」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

はる華さん「同じように『直しが厳しい先生にあたっている』『あたったことがある』など、悲鳴のような共感のコメントがありました。一方で『直しが厳しいのはうらやましい』『直しがないと逆に物足りない…』というような真逆のコメントもありました」