息子を叱ったときのエピソードを描いた漫画がSNS上で話題となっています。あるとき、4歳の息子を厳しく叱った母親。息子は「ごめんなさい」と謝りましたが、母親はすぐには気持ちを切り替えられず、しばらくイライラが収まりませんでしたが…という内容で「分かります」「子どもに癒やされますね」「子どもを見習いたい」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

元々は仲直りするための方法ではなく…

 この漫画を描いたのは、主婦のひつじ(ペンネーム)さんです。インスタグラム、ツイッター、ブログ「ふくふくライフ」で4歳の息子の育児漫画を発表しています。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

ひつじさん「息子の素直さを覚えていたかったからです」

Q.このとき、息子さんはどのようなことで怒られていたのでしょうか。

ひつじさん「私が料理をしているときに息子がキッチンで走り回ったので、『危ないからやめて』と怒られていました」

Q.こうやって仲直りをすることは、どこで学んだのですか。

ひつじさん「元々は仲直りの方法ではなく、息子をハグするときに私が『仲良しのぎゅー』『大好きのぎゅー』と言っていました。普段から、息子もそれをまねしているので、このときにしてきたのだと思います」

Q.過去にも感情の切り替えがうまくできず、トラブルになったことはあったのでしょうか。

ひつじさん「息子とはないですが、夫とけんかになったことはあります。産後の半年間くらいは結構ピリピリしていました」

Q.息子さんの対応について、母親としてどのように感じましたか。

ひつじさん「子どもの素直さを見習わなくては、と思いました」

Q.感情の切り替えをコントロールするために気を付けていること、やっていることがあれば教えてください。

ひつじさん「深呼吸をしたり、お菓子を食べたり、趣味のコレクションを眺めたりして気持ちを落ち着けます。子どもに対して理不尽にイライラしているなと感じたら、子どもを抱きしめます。これが一番落ち着きます」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

ひつじさん「共感の声が多かったと思います。私だけではなく、みんな同じように怒ったり、悩んだりしているんだなと分かり安心しました」

Q.現在、取り組んでいる創作活動は。

ひつじさん「子どもの記録を中心に、覚えておきたいことや印象に残ったことを描き残したいと思います。『描かなきゃ』と思うと急に楽しくなくなるので、趣味や息抜きとして絵を描いていきたいです」