ベビー用品・乳幼児玩具などの開発・製造・販売を行うコンビ(東京都台東区)は8月下旬、ペット用カートを発売しました。使わないときはコンパクトに折り畳めたり、カートを引いているときの振動を抑えてペットへの負担を和らげたりと、同社が長年培ってきたベビーカーの製造技術を生かしていることが特徴です。

振動抑えてペットも快適

 ペット用カートの名称は「コムペット ワイワイ コンパクト」で、同社が2012年に設立したペット事業部のブランド「コムペット(compet)」の商品です。

「ペットも家族の一員」という認識が広がりましたが、ペットと電車などの公共交通機関を利用したり、カフェに入ったりするときは、ペットを専用ケースに入れるルールになっていることが多いもの。ケースを持ち歩いて移動するのも負担が大きいため、ベビーカーのようにペットを乗せたまま移動できる移動手段があれば、ペットと出掛けやすくなると開発されました。

 特徴はまず、使わないときにコンパクトに折り畳んで収納できること。折り畳んだときには使用時と比較して、体積比で86%小さくなり、車に乗せるときも玄関に置くときも、場所を取らずに収納できます。カートはハンドルのレバーを前に倒すだけで折り畳むことができ、折り畳んだ際には自立も可能です。操作が簡単なので、外出先でも容易に折り畳むことができます。

 通気メッシュが2カ所あり、内部に熱がこもりにくく快適で、さらに前方のメッシュにファスナー式の大きな開口部があり、容易にペットの乗せ下ろしができます。

 また、ベビーカーの製造技術を生かし、振動を抑える工夫も施しています。カートを引いて歩くと地面からの振動がカートに伝わり、ペットにとっては乗り心地が悪くストレスを感じるもの。そこで、車輪を支えて衝撃を吸収するサスペンションを設置して、振動を抑えました。

 広報担当者によると「ペットと一緒に外出したいという飼い主を中心に発売開始から人気が高い」といいます。メーカー希望小売価格は2万2000円(税込み)。カラーはマウナグリーンとケリーピンクの2種類で、耐荷重は5.6キログラム。犬と猫両方を乗せることができます。ペット専門店やホームセンターなどで販売中。