「風邪」をひく人が増えてくる季節となりました。時折、くしゃみをしている猫を見ることがありますが、猫も人間のように風邪をひくのでしょうか。もし、ひくのであれば、人間の風邪がうつったり、その逆があったりするのでしょうか。獣医師の増田国充さんに聞きました。

子猫は命落とすことも

Q.猫も風邪をひくのでしょうか。その原因と症状も含めて教えてください。

増田さん「一般に風邪とは、感冒症候群のことをいい、くしゃみ、鼻水、発熱、全身のだるさなどの症状を引き起こす感染症のことを指します。原因となる病原体はウイルス由来のもの、細菌由来のものなどがあります。猫の場合、有名なところでは『猫ウイルス性鼻気管炎』という感染症があります。

ヘルペスウイルスが原因で、一般に『猫風邪』と呼ばれます。その通称の通り、くしゃみや鼻水が主な症状ですが、それ以外に目に結膜炎を起こすことがあります。鼻が詰まると味覚や食欲に直結するので、体力の弱い猫、特に子猫の場合は衰弱を引き起こし、命を落とすこともあります。

これ以外で風邪症状を起こすものとして、『猫カリシウイルス感染症』『猫クラミジア感染症』などがあります。このうち、猫カリシウイルス感染症では風邪症状のほかに、舌に大きな潰瘍をつくることがあるため、何か食べようとするたびに口に痛みが生じることから、食欲の低下に拍車をかけてしまうことがあります。

このように、猫に風邪症状を生じるものにはいくつかの原因がありますが、ヒトと比べて重症化しやすいことが特徴で、適切な治療を行わないと命に関わることがあるので注意が必要です」

Q.完全室内飼いの猫の場合でも、風邪症状を起こす感染症にかかることはあるのでしょうか。

増田さん「猫に風邪症状を起こす病原体の多くは『飛沫(ひまつ)感染』と呼ばれる感染方法をとります。ウイルスの含まれたくしゃみや鼻水、目やにといったものにより、他の猫に感染することがあります。従って、屋外に出る猫で感染や発症のリスクが高まります。

しかし、感染した猫と接触するリスクが低い室内飼育の猫でも注意が必要です。飼い主がウイルスを運んでしまう場合があるためです。他の猫に触れた後、手洗いをしないで家庭の猫を触る行為は感染の危険性を生みます。猫に明らかな風邪症状がなくても、体内にウイルスを保有していることがあります。また、空気感染することが知られているので、室内飼育=安全とは断言できません」

Q.猫の風邪が人間にうつったり、人間の風邪が猫にうつったりすることはあるのでしょうか。

増田さん「猫が風邪をひいた、あるいは飼い主さんが風邪をひいた際に多くのお尋ねを頂きます。それだけ、ご心配されている裏付けだと思います。ヒトにもヘルペスウイルスが関連した感染症がありますが、猫に風邪症状を起こすヘルペスウイルスがヒトに感染することはありません。また、ヒトに風邪症状を起こす病原体は原則、猫に影響を与えることもないと考えられています」

Q.飼い猫に風邪のような症状が出たとき、獣医師の診療を受けた方がいいのはどういう場合でしょうか。また、治療はどのように行うのですか。

増田さん「くしゃみや鼻水といった症状があれば、動物病院で診察を受けましょう。特に子猫やワクチン接種歴がない場合、あるいは頻繁に屋外に出る場合、重症化するリスクが高くなる傾向があります。そのため、『そのうちよくなるだろう』と様子を見るのはおすすめできません。

先述通り、鼻が詰まると食欲が低下し、栄養状態にも影響するので、鼻詰まりの治療や栄養状態の改善を重点的に行います。そのほか、結膜炎があれば、点眼薬を使用します。ウイルスによる風邪症状がある場合はインターフェロンを使って治療を行い、さらに細菌感染があると判断された場合は抗生物質を使用します。食欲を維持し、適切な治療を行うことで回復を目指します」

Q.複数の猫を飼っていて、1匹だけ風邪をひいた場合、他の猫にうつさないためにはどうすればよいでしょうか。

増田さん「猫に風邪症状を起こす病原体は飛沫感染や空気感染で、他の猫に影響します。そのため、明らかに風邪症状のある猫との接触は避けるべきということになります。同じ空間で生活している場合、隔離などの対策をとることを推奨しています。部屋が複数あるご家庭では、猫が暮らす部屋を分けることでも幾分、感染拡大防止に効果があると考えられます。

ワンルームマンションなどのように、空間を別にすることが難しい場合、直接の接触を避ける方法を検討します。例えば、発症中の猫をケージやサークルなどに入れ、移動、接触できる範囲を制限する対策をとるのもよいでしょう。それが難しい場合は、かかりつけの獣医師と相談の上、入院させることも方法の一つとなります」

Q.予防法は。

増田さん「予防の第一に挙げられるのはワクチン接種です。ワクチンはいくつかの種類がありますが、多くの場合、猫の風邪に対する免疫を獲得するためのものが含まれています。ワクチン接種の方法は年齢や生活環境などによって異なるので、かかりつけの獣医師にご相談ください。

また、感染症に負けないよう、体力を維持することも重要です。栄養バランスの整った食事を摂取すること、清潔な住環境を整えることなど、日頃のちょっとした気遣いが愛猫の風邪予防にもつながります」

Q.ちなみに、こたつで寝ている猫が風邪をひきやすくなる可能性はあるでしょうか。

増田さん「猫自身がこたつに入り続けて、風邪をひくというのはあまり聞いたことがありません。風邪の定義にもよりますが、そもそも感染症なので、感染するリスクがある場合、例えば、ウイルスにさらされる可能性が高い▽持病がある▽心身のストレスの影響で免疫力が低下している場合に体力が落ち、結果として、風邪をひくリスクが高まりますが、こたつで寝ることそのものと風邪をひくということとは関係がないからです」