休憩などのために多くの客がいるカフェに入ると、店員から「まずはお席の確認をお願いします」と言われ、注文前に席の確保を求められることがあります。そうした場合、荷物やコートなどを希望の席に置いて確保した後、飲み物をレジで注文するのですが、席に戻ってきたとき、荷物やコートなどが移動させられていて、見ず知らずの人が座っているケースもあります。確保した席を「横取り」する行為に、法的問題はないのでしょうか。佐藤みのり法律事務所の佐藤みのり弁護士に聞きました。

席取りは法的にも有効

Q.希望する席に荷物やコートなどを置くと、その席を確保したものとみなされる“暗黙の了解”があります。法的にも、席を確保したものと認められるのでしょうか。

佐藤さん「認められる可能性があります。法的には、希望する席に荷物やコートなどを置くことで、『占有権』を取得したと評価できる場合があるからです。

占有権は、『自己のためにする意思をもって物を所持すること』によって取得します(民法180条)。この『所持』とは、物に対する事実上の支配のことをいい、事実上の支配があるのかどうかは、社会通念、いわゆる常識によって決まります。

大手カフェチェーンの多くは、席取りのルールを特に決めておらず、各店舗の判断に委ねており、各店舗の混雑状況などによって、事前に席を取ることを客側に勧めることも多いようです。そのため、客の間でも、荷物やコートなどを置けば、自分の席として確保したものという認識が広まっていると言え、常識に照らして『事実上の支配』と認められる可能性があります。

従って、店側が事前の席取りをはっきりと禁じているような場合を除き、カフェでの席取りは法的にも保護される可能性があります」

Q.荷物などを置いて席を確保したのに、それらを動かされ、席を横取りされるケースもあります。確保した席を横取りする行為に、法的問題はないのでしょうか。

佐藤さん「荷物などを無断で動かし、席を横取りすることは、先述した『占有権』の妨害に当たり得るので、許されないでしょう。仮に、店側が事前の席取りを禁じているにもかかわらず、席取りする客がいて、その客の荷物を動かしたのだとしても、法律上、問題があります。

なぜなら、客は店の管理権を持っておらず、他人の荷物を勝手に動かす権限がないからです。荷物を動かしたい場合には、店に事情を説明し、対処してもらう必要があります。いずれにせよ、勝手に他人の物を動かすと、トラブルになる危険がありますので、避けましょう」

Q.もし、席を横取りされていた場合、横取りした人に「その席は私の席です」と言って、席を取り返そうとする行為は、違法性を問われるのでしょうか。

佐藤さん「自力で取り返すことは、法律上、禁じられています。自力で取り返せるとすると、あちこちでトラブルが起こり、社会の平穏が害されるからです。強引に取り返そうとせず、譲り合うことが大切かと思います。

なお、法律上、占有を奪われた場合には、裁判所に訴えることにより、返還を求められることになっています(民法200条)。取り返す必要があるケースでは、自力で取り返すのではなく、訴えという正当な方法によることが求められているのです。

とはいえ、カフェで横取りされた席を取り返すため、裁判所に訴えるのは現実的ではありません。譲り合うか、店員にお願いして、仲裁してもらうなどの方法を検討しましょう」

Q.カフェの店員から先に席を確保することを促され、荷物などを置いて席を確保したのに、戻ると置いたものが盗まれていた場合、店側に責任を問えるのでしょうか。

佐藤さん「店側の責任を問うのは難しいでしょう。飲食店は、客から預かった荷物をなくしたり、壊したりすれば、原則、損害賠償責任を負います(商法596条1項)。また、店に預けられた物でなくても、店側の不注意で荷物がなくなったり、壊れたりすれば、賠償責任を負います(同法同条2項)。

しかし今回は、店に荷物を預けて、保管してもらっているわけではありませんし、席を確保することを促しただけで店側の不注意と評価するのは難しいように思います。ただし、たびたび盗難被害が出ている死角になりやすい席にもかかわらず、見回り強化をしていないなど、盗難防止に関する店側の管理体制に問題があれば、責任を問える可能性もあるでしょう」

Q.席を横取りされたり、置いた荷物などを盗まれたりしないために、どのようにして席を確保すればよいでしょうか。

佐藤さん「私物を置いて席を離れ、注文する場合、どうしても横取りや盗難のリスクがあると思います。店側が、先に席を確保してから注文することを勧めているのであれば、店側が予約専用の札などを用意し、予約されていることを一目で分かるようにすると、よいのではないでしょうか。

席を確保する方法が用意されていない場合、複数人で入店した場合は、誰か1人は席から離れないようにすること、1人で入店したときは、貴重品だけは確実に持って移動することなどが大切でしょう」