先日、内閣府の「人生100年時代の結婚と家族に関する研究会」で、恋愛が苦手な男性が女性を口説く方法として「壁ドン」を教える案が出されたことに、ネット上などで批判が相次ぎました。そもそもこの「壁ドン」の行為自体が、犯罪になるのではないのかという声もあり、ネット上では「暴行罪では?」「脅迫罪では?」といわれています。「壁ドン」をすると罪に問われるのは本当でしょうか。佐藤みのり法律事務所の佐藤みのり弁護士に聞きました。

「壁ドン」は慎重に

Q.「壁ドン」をすると罪に問われる可能性があるのは本当でしょうか。罪になる場合、どのような罪になり得ますか。

佐藤さん「罪に問われる可能性はあるでしょう。問われるとしたら、まず暴行罪が考えられます(刑法208条)。暴行罪は、『人の身体に対する不法な有形力の行使』があると成立します。

殴る、蹴るなど、人の身体に直接接触する場合はもちろん、相手の数歩手前を狙って石を投げつける行為など、身体に接触しない場合でも、暴行罪の成立を認めた裁判例があります(東京高裁1950年6月10日判決)。また、着衣を引っ張り、相手の行動を制止するなど、相手がけがをする可能性がない程度の行為であっても、暴行に当たると判断した古い判例もあります(大審院1933年4月15日判決)。

『壁ドン』は、相手を壁際に追い詰め、壁に『ドン』と手を付くことになるので、相手の身体に直接接触することはなく、けがを負わせる危険もほとんどないと思われますが、相手の行動を制御することにはなるため、理論的には暴行罪が成立する可能性があります。

仮に、暴行罪に問われた場合、『2年以下の懲役、もしくは30万円以下の罰金、または拘留、もしくは科料』を科される可能性があります。ただし、被害者が被害を届け出ていないのに、警察が暴行事件として立件することはほとんど考えられません」

Q.「脅迫罪では?」という声もあります。脅迫罪に問われることはあるのでしょうか。

佐藤さん「場合によっては、脅迫罪に問われることもあるでしょう(刑法222条)。脅迫罪は、『生命、身体、自由、名誉または財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した』場合に成立します。

客観的に見て、恐怖を抱くような害悪の告知があれば、脅迫罪に問われる可能性があります。『壁ドン』によって、行動を制御された女性に対し、口説き文句のつもりで身体的接触を迫るような発言をしたり、『付き合ってくれないと○○する』など強引に交際を迫ったりすると、一般的に相手を怖がらせるような害悪の告知があったものとして、脅迫罪に問われることもあり得るでしょう。

仮に、脅迫罪に問われた場合、『2年以下の懲役、または30万円以下の罰金』を科される可能性があります。ただし、暴行罪と同様、脅迫罪についても、被害者が被害を届け出なければ、まず立件されることはありません」

Q.好意のない男性から「壁ドン」をされ嫌な思いをした場合、防御のつもりで、手で強く押し返すことは、正当防衛として認められるのでしょうか。

佐藤さん「『壁ドン』をされた状態で、防御のために手で相手を押し返す程度であれば、違法性が認められない可能性が高いでしょう。手で強く相手を押し返す行為は、暴行罪に問われ得る行為ではありますが、先述したように、暴行罪は『人の身体に対する不法な有形力の行使』があった場合に成立し、社会生活を営む上で通常許される適法な行為は、『不法な』有形力の行使に当たらず、暴行罪は成立しません。

そのため、具体的な状況や押し返し方にもよりますが、常識的に許される範囲で防御したのだとしたら、罪に問われることはないでしょう」

Q.今後、女性に「壁ドン」をして、いいところを見せようと考えている男性は、考えを改めた方がよいのでしょうか。

佐藤さん「恋愛のアプローチは、相手の受け止め方次第で『うれしい』か『不快』か180度変わってしまうものです。特に、『壁ドン』は少々強引な方法であるため、相手の気持ちによっては、恐怖や不安、怒りなど“負の感情”が大きく出る可能性もあり、最悪の場合、『被害を受けた』として警察に届けられるリスクもあります。

そのため、『壁ドン』のような強引なアプローチをしたい場合には、事前に相手の気持ちを確かめたり、一方通行の思いではないか、お互いに信頼関係が築かれている状況か判断したりと、慎重になる必要があると思います」