「最後に、何か質問はありますか」。採用面接で、最後に面接官からこう聞かれ、どう答えてよいか悩んだ経験のある人も多いでしょう。こうした“逆質問”は採用面接で定番化していますが、「毎回うまく対応できない」「とっさにおかしな質問をしてしまって後悔した」「『いい質問だな』と思われたいけど難しい」など、さまざまな体験談が聞かれます。

 採用面接における、企業側の「最後に質問」の意図や狙い、効果的な“逆質問”のポイントについて、キャリアコンサルタントの小野勝弘さんに聞きました。

企業側は“何らかのメリット”を考えて質問

Q.そもそも、なぜ企業は採用面接で「最後に質問はありますか」と尋ねるのですか。

小野さん「最後に質問の有無を問うことの意図や狙いとしては、次の4パターンが考えられます」

【純粋な好意】

いい質問を求めているのではなく、「疑問点がないかどうか」を本当に聞いているケースです。ある中小企業の採用では、「好意で聞いている」という話を聞いたことがあります。「少しでも不安なく入社してほしい」という思いがあるからだそうです。

【面接での対応についての疑問を聞くため】

面談では、ニュアンスの違いなど、話し手と受け手の間で異なった解釈が発生してしまう場合があります。それをお互いに修正する機会として、質問の時間を設けていると考えられます。

【“質問”の名を借りた面接評価項目】

例えば、コミュニケーション力を重視している会社が、「今までの関わりの中で、どれくらい相手の話に興味を持って聞いていたか」を試すため、最後に質問を投げるケースがあります。

【うそを見破るため】

「面接を受けに来る人は、多数の併願をしているものだ」と、面接する側も分かっています。「『うちが第1志望』と言っていたのに、逆質問をしてみたら用意できておらず、しどろもどろになってしまい、本当に第1志望なのか疑わしくなった」という話も聞きます。もちろん、全ての企業に当てはまるわけではありませんし、その質問がどの程度影響するかも企業によって違います。

Q.企業側にとって「最後に質問」はどのようなメリットがありますか。

小野さん「3つのメリットが考えられます。1つ目は『求職者のギャップの解消』です。例えば、社風が合わずに退職するケースが多い場合、少しでも疑問を解消することで、社風にマッチした人に働いてもらいやすくなると考えられます。

2つ目は『コミュニケーション力の確認』です。スキルは資格や成果で判断できる場合もありますが、コミュニケーション力は会話をしないと分かりません。中途採用であれば、『仕事上のコミュニケーションは必須である』という理解は進んでいるはずですから、当然見られているでしょう。

3つ目は『企業への興味・熱意をはかること』です。質問には“質”があります。求職者がどのような質の質問を投げてくるかによって、企業に対する本気度をはかっている場合があるのです。

もちろん、これら全てが独立した話ではありませんが、『企業側は何らかのメリットを考えて質問している』という意識は忘れないでおきたいものです」

Q.一般的に、企業は「最後に質問」をどのくらい重視しているのでしょうか。

小野さん「採用への影響は企業によって違いますし、採用段階によることもあるため、一概にどの程度とはいえません。ただ、全く意味のない質問を投げるとも考えにくいので、多いか少ないかは分からないものの、『影響はある』といえるでしょう。

例えば、逆質問の採用への影響度が低いケースの場合、『面接のルールとして最後に聞く決まりにしている』企業もあるようです。『面接官によって聞く内容に差が出る』『最後の質問の有無で公平性や透明性が担保されなくなる』ことに配慮する中で、全員に対して最後はその質問を投げる、ということです。もちろん、いい質問であれば評価がつく場合もあるでしょうが、評価そのものに対する影響は小さいといえます。

一方で、逆質問が大きな意味を持つ例もあります。私の知る中小企業では、社長面接での逆質問が非常に重要な要素を占めていると聞いたことがあります。長い間、一緒に働いていける人を望むため、『本当にこの会社で働きたいのか』を最も真剣に見ており、『逆質問で、どんどん会社のことを聞いてもらいたい』ということでした。逆質問による受け答えの中で、一緒に働いていけそうかどうかを社長自らが確認し、合否を判断するそうです」

面接官の印象が「プラス」や「マイナス」になる具体例は?

Q.面接官に好印象を与えられる可能性が高い「逆質問」はどのようなものですか。

小野さん「ポイントは、『具体的であって、面接官が自由に答えられるもの』です。先述の通り、逆質問には『目的』があり、その目的を果たせるような質問をすることが求められているからです。

例えば、『御社の◯◯事業に興味があって調べましたが、分からない点があるので質問をしたいです』『◯◯について不明確なのですが、どう解釈するとよろしいでしょうか』と確認を投げてみるなど、『一緒に働きたいと思うがゆえに聞いてみたいこと』として投げ掛けてみましょう」

Q.逆に、マイナスとなる「逆質問」はありますか。

小野さん「3パターンあります。1つ目は、『パンフレットに出ていることをそのまま質問するケース』です。調べれば分かることをあえて聞くと、企業の志望度が低いとみなされる場合が多いです。

2つ目は、『同じことを繰り返し聞くケース』です。何度も同じことを聞くのは、相手の話を聞いていないと自ら言っているようなもの。『先ほどお答えくださったことかもしれませんが』と前置きするなど、工夫するのがよいでしょう。

3つ目は、『面接官が答えられないことを聞くケース』です。中には、面接官を外部委託している企業もあります。そうした場合は、会社の内部のことを詳しく聞いても、答えることができないでしょう。これら3点に注意して質問を考えてみてください」

Q.中には、「給与や休日休暇、福利厚生に関する逆質問は印象が悪い」と考える人もいるようですが、実際のところは。

小野さん「悪い作用をもたらすケースの方が多いと考えられます。給与などは条件として既に公表されている場合が多く、改めて確認すべきことではないからです。担当者が外部委託の場合も、この質問には答えることができません。

一方で、例えば条件面の確認が、介護や育児などの生活とひもづいているのであれば、『そのような状況下でも、うちで働きたいと思ってくれているんだ』と映り、面接官側も親身になりやすく、結果的によい作用をもたらすケースもあるのではないでしょうか」

Q.「質問はありません」と答えるのは、どうでしょうか。

小野さん「ポイントは、『質問したいと思わないのならば、しない』ことです。質問がないのなら、素直に『質問はありません』と答えても問題ありません。『質問することはないが、無理やり質問をする人』は、見ているとそう分かるからです。

質問を用意していない場合や、面接中に質問したいことがなかった場合は、もちろん、そのまま『質問はありません』と返すのが素直です。ただ、もし質問を準備していたとしても、面接の中で理解し、質問の必要がなくなった場合は、質問があったことを伝えてもよいでしょう。『◯◯のことを伺おうと事前に思っていたのですが、面接の中でクリアになりました。よって質問はありません』のような内容とともに、感謝の言葉を述べるなど、人と人との関わりを意識して伝え方を工夫してみましょう」

Q.採用面接を受ける際、「最後に質問」を上手に生かすためにやっておくべき事前準備や、意識の持ち方とは。

小野さん「最も必要な事前準備は、企業と業界について詳しく調べておくことです。質問とは、『調べても分からないことを相手に尋ねる』こと。これから自分が働こうとしている企業について知りたい、と思う気持ちを持って研究してみてください。余裕があれば、逆質問を受けた際に何を伝えたいかも考えてみましょう。

熱意を伝えるのか、コミュニケーション力を伝えるのか、人柄を伝えるのか。人それぞれ、伝えたいメッセージは異なるでしょう。相手に伝えたいメッセージを考えておくことで人柄が質問に乗り、相手に伝わりやすくなります」